気になる男性に「彼女とLINEするのは楽しい!」と思われたら、恋のチャンスがつかめるかもしれません。
男性が「もっとトークしていたい」と思ってしまうようなLINEを送れるようになりましょう。

今回は、男性を夢中にさせる「モテLINE」についてご紹介します。

(1)プロフィール画像は可愛い写真を選ぶ

『LINEのアイコンが可愛いとなんとなく印象いいよね』(28歳/企画)

LINEでトークしている間は、ずっとプロフィール画像が目に入ります。
そのため最高に可愛い写真を設定しておけば、彼の中であなたの可愛い写真が印象に残りますよ。

ただしキメすぎた自撮り写真はナルシストと思われてしまい、男性からモテない可能性も。
なるべく友達に頼んで、笑顔の写真を撮ってもらうようにしましょう。

(2)返信には緩急をつける

『いつもいつも返信が早いと急かされてるみたいで焦るけど、遅すぎるのもテンポ悪くて微妙……』(29歳/営業)

いつも返信が早ければ、彼にはあなたからのLINEを待ってドキドキする時間もありません。
またいつも返信が遅いと、テンポいいLINEが楽しめないのでつまらないと思われるかも?

そこで返信には緩急をつけましょう。
彼はいつ返信がくるのかわからないので、「そろそろ返信きてるかな?」とスマホを見るたびに、あなたのことを考えるはず。

(3)デート後の「もう少し一緒にいたかったな」

『そんなこと言われたらもう期待が止まらない!』(27歳/マーケティング)

デートの後のお礼LINEには、「もう少し一緒にいたかったな」の一言を加えましょう。
この一言で男性はドキッとして、「次はもっと長く一緒にいられるかもしれない」と期待してしまいます。

別れる時は何も言わなかったのにLINEで伝えてくるところがポイント。
彼はどうしても次のデートへの期待が高まり、あなたに夢中になってしまうでしょう。

(4)いつも楽しい内容

『ネガティブな発言が少なく、いつも楽しそうなLINEだとこっちも楽しい』(31歳/SE)

誰かの悪口や、「疲れた」「ツライ」などのネガティブ発言が多いと、彼はあなたのLINEを楽しみにできません。
また今日のできごとを細かく送る日記のようなLINEも彼にとってはつまらないかも?

男性を夢中にさせるのは、いつも楽しい内容のLINE。
次のデートの話題や、彼の興味があるものの話題など、毎回楽しい気分になるLINEを送っていれば、彼はあなたとのLINEが楽しみになるでしょう。


男性を夢中にさせるモテLINEが送れるようになれば、気になる男性も「もっとトークしていたいな」と思ってくれるはずです。

LINEで盛り上がって、2人の距離が急接近ということもあり得ます。
彼ともっと親しくなるためのコミュニケーションツールとして、LINEを上手に使ってくださいね。

(恋愛jp編集部)