LINEにはステータスメッセージ機能があります。
若いひとたちの多くが使っているはず。

このステータスメッセージは、うまく使うのはちょっと難しいものでもあります。
なぜならこのメッセージによって相手の印象も変わるからです。

ここでは「男が思わずLINEしたくなる男心をくすぐるステータスメッセージ」についてみていきましょう。

(1)「楽しかったな!」

『俺と会ったその日に、「楽しかった~」ってステータスにしてて、ドキッとした』(30歳/保育士)

ステータスに、「今日は1日楽しかったな!」などと設定されていたら……何が楽しかったのかな?と気になりますよね。
「きっといい日だったんだな」と思うはず。

しかもそれが自分と会った日のステータスだったら……「もしかして俺と会って楽しかったという意味なのか?」と妄想しちゃうはずです。

(2)前向きな言葉

『前向きな言葉をステータスにしてる人の方が愚痴っぽくなくていいね』(28歳/IT)

「今日も1日頑張ろう」
「仕事で結果をだそう」

なんていう前向きな言葉をステータスで設定している人もいますよね。
やっぱりマイナスな言葉を掲げている人よりは、プラスな言葉を選んでいる人のほうが好印象。

LINEもしやすくなるはずです。

(3)目標を設定する

『目標をステータスに掲げてる様子が可愛い』(30歳/営業)

あまりステータスの変更はしないけど、目標を設定している人も中にはいることでしょう。

「早寝早起きをする」
「試験、資格を合格する」

などなど……。
有言実行のように、目標をステータスに設定しておけば、自然と会話のネタにもなりますよね。

(4)趣味のはなし

『彼女の趣味を知ることができるので声をかけやすくなる』(27歳/広告)

自分の趣味をステータスにするのもGOOD。
あまり相手のことを知らなくても、そのステータスを見るだけで、その人が何に興味を持っていて、趣味にしているのかわかるのでいいでしょう。

「趣味の山登り、次はどこにいこう」
なんてステータスがあると、声もかけやすくなるはず。


いかがでしたか?
うまくステータスメッセージを使いこなして、相手との距離を縮めていきたいものです。

ただし設定をする前に、きちんとこのメッセージでいいのか考えてから実行しましょう。

(恋愛jp編集部)

ライン記事をもっと読む