デートとなると「何を着ていこうかな?」と色々悩んでしまいますよね。
しかし頑張って選んだ服が男性にとっては「着て欲しくない」服ということも……。

そこで今回は、男性が内心「嫌だなと思う」彼女のデートコーデをご紹介します。

(1)肌を見せる部分が多い

『彼女にはあんまり肌を見せる部分が多い服は着てほしくない!』(27歳/コンサル)

デートだからと言って、肌を見せる部分が多すぎるコーデは、逆に男ウケが良くありません。

他の男性にジロジロ見られたり、下品で軽そうな女性に見えてしまうため、男性は彼女が肌を見せすぎている服はデートで着て欲しくないと思っている方が多いです。
肌を見せたい場合は、お家デートの時だけにした方がいいかもしれません。

(2)ジャージやスウェット

『気合が入ってなさすぎて萎える』(30歳/企画)

せっかくのデートにジャージやスウェットで来られると「自分とのデートはどうでもいいのかな?」と、男性は不安に感じてしまいます。

またオシャレなジャージはまだしも、部屋着のようなスタイルの場合、隣を歩くのが恥ずかしいと思う方も。
男性とのデートでは、デートを意識していることがわかるコーデが喜んでもらえますよ。

(3)女性らしさがない

『デートのときくらいもっと女性らしいファッションできてほしい』(35歳/経営)

ゆったりとしたトップスにゆったりしたボトムス、パーカーにジーンズなど、女性らしさがないコーデをデートの時に着られると、「嫌だな」と思っている男性は多いです。

「デートなのだからオシャレして欲しい」「女性らしい格好をして欲しい」と思っているのです。
シルエットに気を付けたり、スカートを履くだけでも一気に女性らしさを出すことができます。

(4)いつも同じような服

『このまえも同じ服じゃなかった……?』(26歳/美容師)

デートは毎回似たような服を着ている……というのも注意が必要です。
いつも似ている服装だと、男性は新鮮さを感じなくなり、段々と飽きてしまうことも。

自分の好きなスタイルがあるかもしれませんが、いろいろなタイプのファッションをすることで、いつまでも男性をドキドキさせることができるのです。


いかがでしたか?

気合いの入れすぎもNGですが、デートを意識していることが感じられないコーデも男性は「嫌だな」と思っているようです。
デート服を悩まれている方は、ぜひ参考にしてみてください。

(恋愛jp編集部)

ファッション記事をもっと読む