今回は、男性の堪忍袋の緒が切れる女性のNG行動に密着!
大好きから大嫌いになる瞬間は、一体どこに隠れているのでしょうか。
彼となかなか上手くいっていない人は、下記の4つの行動をチェックして当てはまるものがあれば直していきましょう。

(1)感情の起伏が大きい

『あまりに感情の起伏が大きいと疲れる』(27歳/広告)

感情がコロコロと変わる女性は、一緒にいる男性を疲れさせます。
まるで子どものような落ち着きのない素振りを見せていると、いくら大好きだとしても限界があるでしょう。
すぐに怒ったり泣いたりしてしまう人は、感情をコントロールすることに力を注いで現状を打破していきましょう。

(2)奢ってもらうことが当たり前な態度

『財布を出すそぶりもないとか、奢ってもらうこと前提で高いものにするとか、そういう態度の人にはこっちも奢りたくない』(33歳/コンサル)

デートでは男性が女性をエスコートするもの……このように決めつけていませんか?
確かに大半の男性は、「女性をリードしたい」「満足させてあげたい」と思っています。

しかし、そのことを当たり前だと勘違いしている女性には嫌気が指すんだとか……。
お会計をしてもらった際は必ず感謝の気持ちを伝えて、傲慢な態度を取らないよう要注意。

(3)自分から会話を盛り上げようとしない

『一緒にいても気を使うだけで良いことない』(26歳/商社)

男性から会話を広げてくれるのを待っている……こんな態度を取っていませんか?
会話作りをいつも男性に任せっきりにしてしまうと、彼に退屈な思いをさせてしまいます。
自分からもしっかりと会話を広げて、楽しいと思ってもらえる時間を過ごしましょう。

(4)ネガティブ思考

『いっつもネガティブなのはもう励ましようがないよ……』(30歳/金融)

気持ちが沈んでしまうことってありますよね。
しかし、度重なるネガティブ思考は、一緒にいる男性の気持ちまで落ち込ませてしまいます。
ネガティブ発言をしてしまった分、しっかりとポジティブな発言も心がけてイメージアップを図りましょう。


大好きな彼に安心感を与えるためには、しっかりと男性の気持ちに寄り添うことが大切。
自分のことばかりに気を回していては、関係が破綻するのも時間の問題です。
そんなトラブルを回避するためにも、今回紹介したNG要素はしっかりと改善してラブラブな関係を持続させましょう。

(恋愛jp編集部)