LINEで送る言葉一つで、男性のテンションって上がり下がりするもの。
恋愛を上手に進めていくためにも、LINEを制覇しないといけません。

そこで今回は、男がつい返信したくなる「ズルいLINE」の送り方についてご紹介します。

(1)共感+質問

『共感してくれる子って好き。しかも、いい感じに質問してくれたら返しやすい!』(28歳/営業)

男性が何か報告してくれたら、「わかる~!○○だよね?」と投げ返してみて。
共感と質問をセットですることがポイント。
そうすることで、男性がノリやすく話も弾みます。

(2)スタンプ+メッセージ

『スタンプだけだと、話が流れがちだから、言葉で伝えてほしい』(30歳/商社)

照れ隠しのために、スタンプで表現する女性は少なくありません。
でも、スタンプだけだと男性からすると話を流されている感じもするもの。
なので、スタンプだけじゃなく、きちんと自分の気持ちを言葉でも伝えてみて。

(3)冗談にも乗れる

『冗談を真剣にとられるとつまらない。ノリのいい感じで返してほしい』(33歳/SE)

男性の冗談に、冗談で返せる女性はモテ女。
真剣にとらえず、絵文字などでおちゃめな感じをだしてみて。
男性に、ノリがいい女だと思われることがポイントです。

(4)タイミングよく終わらせる

『いつまで続くのかなーって思うとLINEが面倒になる』(34歳/不動産)

男性は、女性と違い果てしない会話が苦手です。
なので、キリのいいところであなたから話を終わらせるのがコツ。
男性に、もっと話したかったなぁ……と思ってもらえるくらいにしましょう。


いかがでしたか。
男性がつい返信したくなるLINEは、とっても簡単なテクばかり。
しつこくなく、重くないLINEを心がけてみてくださいね!

(恋愛jp編集部)