男性は態度で示さなくても、彼女への愛を密かに再認識していることがあるようです。
女性が無意識のうちにとる行動だったとしても、男性にとってはドキッとすることもあります。
そこで、男性が「彼女への愛を再認識する」4つの瞬間をご紹介します。

(1)寂しさが垣間見えたとき

『ほんとは寂しいのに我慢してくれてるなんて、会えた時は思いっきり甘えさせてあげたい』(25歳/商社)

仕事などが理由で会えないときに、わがままを言う女性は男性を疲れさせます。
逆に口では応援してくれている女性の寂しさが垣間見えたとき、男性は愛を再認識するんです。
迷惑をかけないようにわがままを言わず無理している女性の優しさに、男性は愛を感じるので、会いたいときはわがままにならないよう注意しましょう。

(2)周りの女性と比べたとき

『話してる間に何回笑いあえるかとか、他の女の子じゃ比べ物になんないくらい彼女と相性いいと思う』(28歳/営業)

彼女がいてもほかの女性と接する機会は誰にでもありますが、それは決して悪いことではありませんよ。
むしろ、ほかの女性と比べて彼女のことを誇らしく思うこともあるようです。
そんなとき、男性は彼女への愛を再認識するので、ほかの女性との関わりもときには必要なのではないでしょうか。

(3)1人で過ごしているとき

『寝るときとか、DVDみてるときとか、ふと、一緒にいられたらなぁと思うんだよね』(27歳/公務員)

男性は1人になると意外と寂しさを感じ、人恋しくなる生き物です。
そんなとき「隣に彼女がいてくれたら」という思いから、無性に会いたくなることもあるよう。

1人のときに彼女の大切さに気がつくという男性が多いので、普段一緒にいるのが当たり前になっているカップルも、ときには別々の時間を過ごしてみることをおすすめします。

(4)ほかの男性の影がちらついたとき

『こんなに嫉妬するほど好きなんだって改めて気づくことあります』(32歳/製造)

彼女にほかの男性の影がちらついたとき、男性には取られたくないという気持ちが芽生えます。
その気持ちが愛を再認識させることにもつながります。
そのため、マンネリを感じたらあえてほかの男性の影をちらつかせてみるのがおすすめ。


男性が「彼女への愛を再認識する」のは、意外な瞬間もあるようです。
それを日頃から意識することで、マンネリを防ぐよう心がけましょう。

(恋愛jp編集部)