LINEって普段は好きな人と楽しむためツールであるもの。
だけど、ちょっとしたことで怖くなることもありますよね。
今回は、男が思わずゾッとした「衝撃的コワいLINE」についてご紹介します。

(1)かまってLINE

『最初は可愛いと思ったけど、ずっとかまってーって感じだと怖い』(28歳/商社)

好きな男性ができると、ずっとかまってほしくなる女性って多いもの。
でも、男性は仕事で忙しかったりして、ずっとかまってあげられるわけではありません。
間違っても、かまっての鬼電や鬼LINEは控えましょう。

(2)SNS投稿後に怒りLINE

『SNSにつぶやいたら、LINEには返事来てないってキレられた』(30歳/営業)

男性の脳では、SNSとLINEの返事に対する対処法が異なります。
なので、LINEの返事は後でゆっくり返そうと思っていて、SNSに投稿することも。
それを見て、怒りのLINEを送ると、かなりビビるので気をつけましょう。

(3)ストーカー風LINE

『家の近くにいるんだけど…っていきなり連絡あったときは怖かった』(27歳/不動産)

男性は、事前に連絡のない訪問が大の苦手です。
「家の近くにいるんだけど」と言って、男性を誘うことは避けること。
実は、つけられてた?と怖がらせることになるので、やめておきましょう。

(4)長文で愛を語るLINE

『好きな気持ちはわかるけど、長文だとなんだか怖くなる』(33歳/マーケティング)

男性は、愛されることが苦手ではありません。
しかし、愛を猛烈に語られると引いてしまうもの。
ポエム調だったり、長文のLINEなどは、男性が怖さを感じるので控えましょう。


いかがでしたか。
なんとも思っていなくても、男性からすると怖さを感じるLINEってあるもの。
愛を語りすぎたり、重い女にならないように気をつけるのがポイントです。

(恋愛jp編集部)