コーデを考えるときに頭に浮かぶのは「細く見せたい!」ではないでしょうか?
女性なら誰だって、ほっそり華奢な女子と思われたいはず。

そこで今回は、ほっそり着やせ見えする「華奢みえコーデ」を4つ紹介します。
華奢みえのポイントをおさえて、華奢みえコーデを実践してみましょう。

(1)縦のラインを強調させる

『縦のラインを主に見せることで、縦長に見せることができます』(28歳/アパレル)

ロングネックレスやストールなどを上手に取り入れて、縦のラインを強調させてみましょう。
縦長に見えるIラインを作ることがポイントです。
ほっそりと見えるだけでなく、背を高く見せる効果も期待できます。

また、ボトムス・脚・靴が同系色でつながるようにすると脚長効果も期待できますよ。

(2)重心を上に持ってくる

『上の方に目立つアイテムを持ってきます』(24歳/保育士)

目の錯覚を利用した着やせテクとして、相手の視線を上半身にもってくる方法もおすすめ。
流行りのワイドパンツなどは重心が下半身に行きがち。

そんな時は、大きめのアクセやスカーフを使って視線を上に持っていくのが大切です。
髪をアップにするだけでも重心アップになり、着やせ効果が狙えます。

(3)適度に肌見せする

『肌を隠すより出すほうが細く見える』(29歳/販売)

着やせしたいからと肌を隠し過ぎている人は要注意。
逆に太見えしているかもしれませんよ。
首・手首・足首など体の細い部分を適度に肌見せする方が、実は華奢みえにつながります。

Vネックのインナーで首や鎖骨を見せ、ラフな感じで袖をたくし上げて抜け感を演出。
着やせ効果のあるおすすめのテクニックです。

(4)着やせ見えする配色もポイント

『組み合わせる色も重要』(27歳/サービス)

引き締まって見える「濃色」でも、配色の仕方を間違えると太って見えてしまう可能性が。
配色の仕方も、実は着やせ見えするかどうかの重要なポイントなのです。

例えば「黒」をチョイスするなら、トップスにもってくるのが◎
ボトムスをベージュなどの淡色にすることで、重心が上になり着やせ効果が生まれます。
メリハリをだすこともできて、ほっそり着やせ見えするコーデになりますよ。


いかがでしたか?
今回は、ほっそり着やせ見えする「華奢みえコーデ」を4つご紹介しました。
ぜひ参考にして、コーデを楽しんでくださいね。

(恋愛jp編集部)