ファッションセンスは男性ウケを大きく左右します。
とくに「大人っぽさ」を演出する時は、一歩間違えると「老け見え」してしまいがち。
今回は「大人モテコーデ」と「老け見えコーデ」の違いをご紹介します。

(1)色味の違い

『明るくて淡い色の服の方が爽やかで綺麗に見える』(28歳/営業)

服の色味の違いは、メイクの違い以上にインパクトを与えることすらあります。
男性ウケがいいのはやはり、ホワイトやパステルなどの明るいカラー。
爽やかで清潔感を連想させます。

逆に男性ウケが悪いのは暗めカラーや、ビビッドカラーです。
暗めのトーンは顔色を悪く見せ、「老けてるな」と思わせてしまいます。
またビビッドカラーは「頑張ってる感」が出てしまうのだとか。

(2)柄の違い

『あまりにも主張しすぎている柄ものはおばさんっぽい』(29歳/IT)

男性と女性では「柄物」に対する意識が変わります。
男性は女性以上に厳しい目で見ていると思った方がいいでしょう。

優しげな色味の小花柄であれば男性ウケ抜群。
逆に大きくてハッキリしたカラーの花柄は「大人っぽさ」よりも「おぼさんっぽさ」として認識してしまうようです。

女性ウケのいい「パイソン柄」や「レオパード柄」も不評であることが多いので注意しましょう。

(3)シルエットの違い

『全身ダボダボだと体型隠しのおばさんみたい』(32歳/コンサル)

程よいルーズ感はトレンドを押さえたオシャレファッション。
ところが合わせ方によって男性の評価はわかれます。

オーバーサイズを上手に着こなすには、程よい引き締めも大切。
「モテコーデ」では、トップスにボリュームがあればボトムスを華奢なシルエットにするなど、バランスを取ります。

逆に「老け見えコーデ」では全身「ダボッ」とさせるか「ピチッ」とさせるかの極端になりがちです。

(4)肌の見せ方の違い

『ほどよい肌見せはいやらしくもなく大人可愛い!』(30歳/マーケティング)

「モテコーデ」ではズバリ、上手に肌見せができています。
まったく肌が見えなかったり、逆に見せすぎてしまうと「老けてる」と感じさせるのです。

適度に魅せるには「首筋」や「手首」「足首」といったパーツを見せるのがポイント。
あからさまではないからこそ「露出」ではなく「肌見せ」や「抜け感」に繋がります。


いかがでしたか?
「老け見え」するかどうかは、いくつもの要素が絡み合っています。
今回ご紹介したポイントを押さえれば、オシャレな着こなしがしやすくなるはずですよ。

(恋愛jp編集部)