なんとなく垢抜けないダサいコーデをしている人、周りにいませんか?
もしも自分がダサいと思われていたら、ゾッとしますよね。

今一度、自分のコーデを確認してみましょう。
そこで今回は、男が言いたい「ダサい女あるある」を4つ紹介していきます。

(1)年齢と合わない

『若作りしている人はダサいし、イタいよね』(31歳/コンサル)

20代なのに10代の服装を、30代なのに20代の服装をしていると「ダサい女」認定。
若作りは、センスがない女性と見られています。

それは自分の年齢が分かっていないから。
自分を客観視できていないので、年齢と合っていない服を選んでいます。

(2)体型と合わない

『自分の体型が分かっていない人は、センスなし』(29歳/証券)

自分の体型より細身の服を選び、パツパツ感が出ている。
または体型を隠したいからとダボダボな服ばかりを着ていると、「ダサい女」認定。

体型とサイズが合っていないと、見苦しく見えるもの。
どんなにオシャレをしていても、シルエットが綺麗に見えなければセンスなく見えます。

(3)上下のジャンルが違う

『まったく別のジャンルをコーデしがち』(25歳/SE)

トップスとボトムスがちぐはぐだと、「ダサい女」コーデ。
上下のジャンルが違うと、コーデがまとまらないのでセンスが悪く見えるもの。

MIXコーデが流行っているからと、ジャンルの違うものを組み合わせればいいわけではありません。
コーデに一体感を持たせながら、上手に外すことがMIXコーデです。

(4)ブランドにこだわる

『全身ブランドコーデで自慢している女はだいたいダサい』(34歳/不動産)

ブランドだからセンスが良く、オシャレにつながるわけではありません。
「ダサい女」に限って、ブランドで固めたコーデをしがち。

そのような女性は服に着られている印象があり、自分に合った服を選べていない証拠。
プランドで選ぶのではなく、自分に似合う服かを選べることがセンスです。


男性から「ダサい女」認定されるのは避けたいですよね。
不安ならば、自分のコーデセンスを信用するのではなく、雑誌を参考にしたり店員に聞いてみたりしましょう。
客観的に自分を見ることが大事ですよ。

(恋愛jp編集部)

◆誰にもわたさない!男が手離したくない【理想の彼女】3箇条