せっかくの楽しいデート……あなたの発言で台無しにしてしまっていませんか?
今回は絶対してはいけないデートの発言についてお伝えします。
男性はどんな発言に気分を害するのでしょうか。

(1)なんでもいいよ!

『デート自体どうでもいいのかなって。悲しい』(30歳/公務員)

どこ行きたい?と聞いたらどこでもいいよ!と言う。
それで男性を立てているつもりですか?
考えるのが面倒なだけですよね。

何食べたい?と聞いても何でもいいよ!と返事。
そんな女性に限って男性が悩んで考えてくれたデートプランに文句を言いがちです。

男性に行きたい場所や食べたいものを聞かれたら、一緒に考えましょう。
一緒に携帯で調べたりするのも楽しいですよ。

(2)他の男性と比較する

『じゃあ別れる?という感じ。長続きしないと思う』(29歳/販売)

他の男性と比較する時点で、彼女候補からは外されます。
「あの彼はグッチの財布買ってくれたのに……」

悪気なく言える女性が信じられません。
じゃあ、その彼と付き合えば?と思うでしょう。

大前提として男性は女性のお財布ではありません。
これでは早くデートを切り上げられてしまいますね。

(3)お礼が言えない

『俺は貢いでいるのだろうか?って思ってしまう。ありがとうの一言は大切』(32歳/エンジニア)

送り迎えをしてもらって当たり前!
奢ってもらって、プレゼントをもらって当たり前!
そう思っているからお礼が言えないのです。

ありがとうと言って感謝するだけでいいのに、それができない。
お礼が言えない女子は全く可愛くないですよ。

(4)男性の話を聞かず自分のことばかり話す

『自分が話していたのにな……と。これが続くとだいぶストレス』(33歳/サービス)

デートでウキウキしているのはあなただけではありません。
男性だってとても楽しみにしていてくれたはずです。

だからこそ男性が意気揚々と話してきてくれたら、しっかり聞くことが重要です。
話を展開させるなどして男性を楽しい気持ちにさせるのです。

男性の話をろくに聞かず適当に流して自分の話をし始めるなんてモテない女子がすること。
男性を疲れさせてもうデートしたくないな……と思われちゃっていいんですか?


楽しいデートにして良い印象を残すために、デート中の自分の言動には十分注意しましょう。
一緒にいてもつまらないと思われたら次はありません。
自分ではなく男性が楽しめるようにと考えると発言を間違えることもないかもしれません。

(恋愛jp編集部)

モテテク記事をもっと読む