ファッションは、自分が楽しむためのものですよね。
しかし、デートでは男性目線を意識しなければ、次のデートはないかも……。

特に初デートでのファッションは重要!
そこで今回は、男が忘れられない「悪夢デートコーデ」を、紹介していきます。

(1)個性的コーデ

『会社の子とデートに行った時、オフィス服しか見たことなかったから私服楽しみにしていたけど、バンギャ風ファッションでマジ引いた』(29歳/サービス)

ゴスロリやバンギャ風ファッションなど、個性的なコーデは抵抗があるもの。
好きな人は好きですが、万人ウケしないコーデ。

自分を知って欲しい気持ちはあるでしょうが、初デートでは避けたほうが無難。
一緒に歩くことに抵抗があるという男性も多いですよ。

(2)露出コーデ

『スタイルのイイ子だったけど、すごい露出ファッションで、周りの目が気になった最悪なデートだったな』(34歳/金融)

露出し過ぎているコーデは、周りの視線が気になりデートを楽しめません。
女性らしさや色気を出そうとしたのかもしれませんが、他の男性からの目線が気になるもの。

下品なイメージにもなり、もしかしたら遊んでいる女性かもと勘違いされます。
色気を出すためにある程度の肌見せは必要ですが、上品な範囲にすることが大事。

(3)女優気取りコーデ

『女優サングラスで来た勘違い女とのデート、知り合いに会わないようにってあんなに願ったことないね』(31歳/企画)

つばが広い女優帽や大きめのサングラスは、勘違いコーデ。
上品に大人っぽくキメようとしたのかもしれませんが、一緒に歩くのが恥かしいもの。

勘違い女を連れて歩いていると、知り合いに会うのではないかとヒヤヒヤするもの。
また、男性のコーデとかけ離れてしまうので、違和感のあるカップルに見えます。

(4)TPO無視コーデ

『野球観戦にフレンチ食べに行くみたいなファッションで来て、恥かしくたまらなかった。スポーツ観戦が趣味だって言ってたのに……』(27歳/アパレル)

デートの行き場所を聞いていたにもかかわらず、デートに合わない服装をしてくるTPO無視女。
空気が読めない女性と思われ、次のデートはないかも。

例えば、歩くデートで足が痛くなるヒール、きちんとしたお店にスニーカー、スポーティなデートにスカートなど。
場に合わないコーデに、彼は恥かしい思いをしていますよ。


彼の趣味が分からない初デートでは、男性ウケを狙ったコーデが無難。
最初の印象は大事なので、女性らしく上品なコーデを目指しましょう。
そして、デートに合った服装にするよう注意して下さいね。

(恋愛jp編集部)