エッチの後は、彼とピロートークを楽しんでいますか?
ちょっと恥ずかしいことも可愛く言えちゃうのがピロートークの魅力。
今回は、男性がもう一戦したくなるピロートークをご紹介します。

(1)「すごくよかった」

『気持ちよくなっててくれたんだって嬉しいよ』(26歳/販売)

ピロートークでは、エッチの感想を素直に伝えましょう。
「すごくよかった」「気持ちよかったよ」って伝えたら、彼はあなたのことがすごく可愛く思えてくるでしょう。
続いて「もう1回したいな」と甘えるように言えば、彼はあなたを喜ばせるために頑張りたくなるはずです。

(2)「今までで一番感じちゃった」

『そんなこと言われたら、もう一回がんばっちゃうよ』(29歳/建築)

男性は「一番」という言葉に弱いので、「今までで一番感じちゃった」というフレーズに自信をつけるはず。
そんなによかったならと、「もう1回頑張って気持ちよくさせてあげたい」という気持ちになるでしょう。
ピロートークで褒められたら男性は気分よくなりますので、もう1回おねだりしたいときは、彼を褒めてその気にさせましょう。

(3)「おかしくなりそうだった」

『そんなに乱れてくれてたなんて、俺も頑張った甲斐ある!』(27歳/アパレル)

恥ずかしそうな顔で「さっき、おかしくなりそうだった……」と言えば、彼はまた興奮するはず。
特に清楚な女性が言えば効果抜群のフレーズです。

すごくよかったということを恥ずかしそうに伝えたら、彼もムラムラせずにはいられません。
彼女がおかしくなりそうなのを我慢してたのなら、もう1戦して「おかしくしてあげたいな」と思ってしまうでしょう。

(4)愛情を伝える

『セックスの後に好きって言われると、いつも以上に愛情を感じて、この上なく幸せ』(32歳/歯科医)

セックスの後、彼は性欲が満たされて冷静になっていますが、彼女を愛おしく思う気持ちはいっぱいです。
そこで、ピロートークは色っぽい顔で見つめながら彼への愛の言葉を囁きましょう。
ピロートークでの「〇〇君、大好き」という言葉で彼は幸せな気持ちに包まれます。


エッチが終わったからといって、すぐにスマホを触ったりするのはNG。
ピロートークで余韻を楽しむことで、彼との仲も深まります。
彼が「もう1回したい」と思うような可愛いピロートークで、彼からもっと愛される女性になりましょう。

(恋愛jp編集部)