LINEから恋愛がスタートする時代。
みなさんは、どれくらいLINEが日常生活に欠かせないものになっていますか?

きっと多くの人が利用していることでしょう。
そして、いろいろな恋愛にもLINEは連絡ツールとして少なからず関わってくるはず。
ここでは「男性が惚れる彼女とのLINEのやりとり」についてみていきましょう。

(1)「また誘ってください」

『また俺とデートしてもいいってことでしょ、小さくガッツポーズです(笑)』(33歳/公務員)

デートを終えたあとは、余韻に浸りながら楽しかった時間を思い返すはず。
そんなとき、お礼のLINEを送る人もいるでしょう。

そこで、「また行きましょうね」だと社交辞令だと受け取ってしまう恐れがあります。
なので、「また誘って下さい」と送るのがオススメです。
きっと彼は「また誘っていいんだ!」と喜ぶことでしょう。

(2)「もっと一緒にいたかった」

『俺ももっと一緒にいたいよ!』(28歳/コンサル)

まだ恋人になっていない男女でも、恋人同士でも、女性から「もっと一緒にいたかった」なんて言われたら惚れること間違いなし。
「◯◯君ともっと一緒にいたい」というフレーズは、最強ですよね。
さっき離れたばかりでも、いますぐ会いたくなるはずです。

(3)次の計画をする

『向こうから誘ってくれるって、もう両思いってことでいいですか?』(25歳/飲食)

いつも男性からデートのお誘いをしている人も多いのではないでしょうか。
しかし、女性からアプローチすることも大切です。
「次はこのお店にいこう!」「この映画をみにいこう!」など、次の予定の計画をしてくれると、男性も嬉しいはず。

(4)彼を誉める

『褒めてくれるって、見てくれてるってことでしょ?照れるけど嬉しいよね』(31歳/建築)

「◯◯君って、頼りがいがあるね」「優しいところが好き」なんて言われたらどうですか?
ストレートすぎて照れる……という男性もいるかもしれませんね。

しかし、そういった言葉は大切なコミュニケーション。
彼の良いと思うところを、とことん誉めてあげましょう。


いかがでしたか?
お互いが気持ちよくLINEのやり取りをできるように、言葉を選びなから送ることもポイントになりますよ。

(恋愛jp編集部)

ライン記事をもっと読む