「男性のLINEでの文面って、シンプルで気持ちが読み取りづらい!」なんて思ったことはありませんか?
女性の場合、好きな男性にはハートを送ったりする傾向があります。

しかし男性は、淡白でシンプルな印象。
ここでは「男性が“べた惚れした時だけ”に送る好きLINE」についてみていきましょう。

(1)質問の多いLINE

『好きな食べ物とかいろいろとデートに使うリサーチしたりしますね』(32歳/美容師)

惚れた相手のことは、些細なことでも知りたくなるもの。
それは女性も男性もきっと同じはずです。

「好きな色はなに?」「好きな食べ物は?」と、初歩的な質問からスタートし、次第にいろいろなことを聞いてくることでしょう。

いくらクールでありたい男性でも、好きという感情は抑えられないはず。
好きな女性のことは何でも知りたいこと間違いなしです。

(2)誉めちぎる

『いつも目で追ってるから、良いところたくさんわかるよ』(27歳/営業)

好きな人のことを悪く言う人は、まずいないでしょう。
良いところを知って好きになったはずですし、「ここがいいと思う」という点を、ちゃんと相手にも伝えられたらさらに良いですよね。

「◯◯さんは、気配り上手だよね」「笑顔が素敵だと思う」なんていう誉め言葉を、男性はたくさん伝えてくるはず。

誉められる側も、嬉しい気持ちになるので、良いコミュニケーションといえるでしょう。

(3)核心的な内容

『二人きりのデートの誘いしたら、俺の気持ちに気づいて欲しいよ』(25歳/証券)

これをLINEで送れば、相手は自分の好意に気づくはず……というくらいの核心的な内容のやり取りをする人もいるでしょう。
例えば、「このお店に一緒に行きたいんだけど、いつがあいてる?」や「好きな人とかいるの?」なんていう内容。

鈍感な人でなければ、「もしかして私に興味ある?」と気づくはずです。

(4)ストレート

『他の男子も狙ってるだろうから、俺はなるべく直球で好きなこと伝えていくようにしてる』(29歳/飲食)

そんな中でも、直球のストレートで気持ちを文面にする人もいます。
「◯◯さんのことが好きだ」「頭から君が離れない」などなど……。

LINEでの告白は気が引けるという男性も中にはいるはずなので、「直接会って気持ちを伝えたい」といったLINEもくるかもしれません。
とにかく好きな女性には、直球勝負派もいるということですね。


いかがでしたか?

LINEは生活の中で欠かせないアイテムになっている人も多いことでしょう。
そんなLINEを上手く使って、恋愛も楽しめたら良いですね。

(恋愛jp編集部)

ライン記事をもっと読む