好きな人や大好きな彼とLINEが長続きしないのは、残念ながらLINEの送り方に色々と問題がある可能性があります。
逆に少しでも送り方の習慣や癖を変えれば、たちまちLINEは長続きし、楽しい雰囲気を味わえるものです。
そこで今回は、彼と長く続けるための、正しいLINEの習慣をご紹介していきます!

(1)返信は駆け引きしないこと

『返信すぐきたかとおもったらまた既読にもならないっていうのが続くと、どうもペースが合わないなぁって感じます』(29歳/広報)

返信は駆け引きしたり変にじらしたりしないことが大切です。
会話のペースが安定しなければ、当然やり取りも続きにくくなります。

基本的には気づいたときに返信し、やり取りが盛り上がっているときはスムーズな返信を心がけましょう。
会話がスムーズな人の方が誰だって話しやすいですし、LINEも送りやすいのは当然ですよね。

(2)次につながるメッセージを意識

『基本的にスタンプだけがきたらもう終わりの合図だと思ってる』(28歳/インテリア)

LINEのやり取りが続かない人は、どこかメッセージがそっけないものであることが多いんです。
あいづちやスタンプのみの返信は、やり取りを途切れさせます。
会話のキャッチボールが成立するよう、質問されたら今度は自分が質問を返すなど、次につながるメッセージを意識しましょう。

(3)やり取りが続きやすい時間帯を知る

『夜中にきたり、仕事のある午前中にきたりしても、なかなか返せないです』(30歳/公務員)

時間帯にもぜひ気を配りたいところ。
二人の暇な時間がマッチする瞬間は、やっぱりやり取りもスムーズに長続きしやすいものです。

社会人同士なら平日の夜など、やり取りが続きやすい時間帯を知っておきましょう。
その時間帯にまめにLINEをするだけでも、やり取りは明らかに長続きしやすくなります。

(4)内容のないLINEは避ける

『暇なのを報告されても、なんて反応して良いかわかんないよ……』(26歳/営業)

LINEを送る際、ただスタンプを送っていたり「暇〜」とだけ送っていたりしませんか?
相手が返信しやすい話題を送ることも、最低限のマナーとして気をつけたいですよね。
内容のないLINEは避け、二人とも知っている話題や相手が自然と食いつく話題を送るようにしましょう。


いかがでしたか?
少しだけでもLINEの習慣を変えていけば、やり取りの楽しさは一気に変化してくるものです。
ぜひ普段の送り方を見直して、自然と盛り上がれるLINEの送り方を実践してみてくださいね!

(恋愛jp編集部)

ライン記事をもっと読む