男性は、やっぱり大切な彼女の前では情けない姿やダメ男な振る舞いは見せないもの。
それこそは自分の魅力を台無しにするご法度なもの、と彼は感じているからでしょう。
そこで今回は、男性が大切な彼女にはしないことを4つご紹介していきたいと思います。

(1)軽々しく「愛してる」と言わない

『気持ちこもってなきゃ意味ないもん』(26歳/映像)

男性には、ちょっとしたこだわりがあります。
それは、愛してるといった言葉は、大事な彼女には軽々しく口にしないこと。

確かに、頻繁に言われる「愛してる」の言葉には、なんの重みも真剣みも感じられないですよね。
大事に思っている彼女には、大事なシチュエーションでしか愛してると言わないものです。

(2)お金は借りない

『彼女に金借りるなんて、男として終わってる』(27歳/自営業)

お金を借りないこと、これもめちゃくちゃ男性にとっては重要なことです。
ダメ男は平気で彼女のお金を無心したりしますが、本当に彼女のことを大切に思うならお金を借りるなんてご法度。
たとえ金欠に陥っても、彼女から借りることだけは絶対に避けるものでしょう。

(3)嘘をつかない

『大事な子には何も包み隠さない方です』(30歳/講師)

本当に大切にしている彼女に対しては、男性は嘘をつきません。
大事な存在だからこそ、いつでも彼女には誠実でいたいと思うもの。

そのためちょっと恥ずかしいようなことをしたとしても、それは素直に彼女に話します。
逆に隠す方が、男性としてかっこ悪いと思う気持ちもあるでしょう。

(4)変に強がらない

『お互い、そうできればいいじゃんって思う』(22歳/通信)

彼女のことを大事に思う彼氏は、変に強がったり本音を隠すようなことは一切しません。
やっぱり恋人同士だからこそ、楽しいことからつらいことまで共有できる仲になれることが一番理想的。

つらいときやしんどいときは、その弱音もしっかり彼女にこぼします。
そんなオープンな心を持ってくれている彼氏の方が、女性としても親しみがあって良いですよね。


いかがでしたか?
男性は、本当に大事にしている彼女には軽々しく愛してるとは言いませんし、嘘もつきません。
逆に以上のような行動とは逆の行動を取られているなら、セカンド扱いされていたりする可能性も高いので気をつけてくださいね!

(恋愛jp編集部)