いい大人だし、そろそろ片付けられない女を卒業したい……と思っている人は多いのではないでしょうか?
キレイな部屋を保つコツは、実は気をつければ誰でも実践できるものなんです。
今回は、片付けられない人に向けて、キレイな部屋を保つコツをご紹介していきます!

(1)物の定位置を決める

『いつも何かしら無くしてる子って、同じ場所に置かないからだよね』(26歳/インテリア)

まずコツとして絶対に実践しておきたいのは、物の定位置を決めること。
物が散らかってしまうのは、実はアイテム一つ一つの置き場所が決まっていないからなんです。
それぞれの置き場所が自分の中で分かっていれば、物を出しっぱなしにすることも減ります。

(2)収納ボックスを用意して物をまとめる

『床に散らかったりしてないだけで、ある程度綺麗に見える!』(31歳/広報)

まずはキレイでおしゃれな収納をすることばかりを考えず、きちんと整理整頓することを意識しましょう。
お手軽な収納ボックスを用意し、散らかっているものはとにかく収納ボックスに入れるクセをつけましょう。
この習慣が身につくだけでも、片付けられない状況からは一気に脱却できます。

(3)「とりあえず入れられるボックス」を用意

『彼女が片付け上手なのって、とりあえず買ったものとか入れておくとこ作ってるからなんだね』(32歳/総務)

一時的な置き場所として、「とりあえず入れておくボックス」を用意してみましょう。
例えば新しく買ったものは定位置が決まっていないからこそ、散らかりやすくもなりますよね。
そんなときに一時的な置き場所があればそこに置くようになるため、散らかりにくなるはず。

(4)掃除道具はあえて出しっぱなしに

『髪の毛も落ちてない綺麗な部屋って、お泊まりデートの時も気持ちいいな』(27歳/金融)

掃除道具はあえて出しっぱなしにするという手もあります。
S字フックなどで部屋の隅にモップなどをひっかけておけば、あまりインテリアを邪魔することもありません。

掃除道具が出しっぱなしになっていると、掃除するクセもつきやすくなります。
汚れたときはすぐに掃除道具に手が伸びるようになるため、キレイな部屋がいつの間にか保たれるようになっていきます。


いかがでしたか?
片付けられない自分の性質に悩む人は、まずは片付けるためのルール作りとして以上のポイントを実践してみましょう。
特に定位置を決めて管理することは大切なので、置き場所を決めてぜひキレイな部屋作りを心がけていってくださいね。

(恋愛jp編集部)