「クローゼットの収納がゴチャゴチャして困っている……」なんて悩みを抱えている人は意外と多いですよね。
外からは見えない場所だからこそ、物を詰め込んでしまいやすいクローゼット。

しかしそのせいで、「目当てのものが取れない!」とストレスになっている人もたくさんいるでしょう。
今回は、見やすくて使いやすいクローゼット収納のコツをご紹介していきたいと思います!

(1)色を分ける

一瞬でクローゼットを見やすくさせるなら、色を分けて分かりやすく収納するのがおすすめ。
例えばクローゼット上部にある棚には、白いボックスを入れて色分け。

床に置くボックスや衣装ケースは今度は黒で統一してみましょう。
また、ハンガーにかけておく服も色別に収納しておくととても見やすくなります。

(2)収納ボックスを活用

小物類を収納する際は、乱雑にクローゼットに詰め込むのは厳禁。
中で散らかる状況を避けるためにも、小物類は収納ボックスにつめるのをおすすめします。

帽子やストールなどのファッションアイテムも、収納ボックスに入れておくと見つかりやすく便利です。

(3)服は種類別にかけて収納

服をハンガーにかける際は、種類別に分けるのがおすすめです。
種類別に分けると見た感じの印象で何がどこにあるのかがよく分かるようになります。

アウター、トップス、ボトムス……というように種類別で場所を作って収納すると良いでしょう。

(4)ハンガーにラベルを付けると分かりやすい

ちなみにハンガーにはラベルをつけておくと、さらに服の位置が分かりやすくなります。
家族のものを一緒にしまっているときは、名前を書いておくのもおすすめです。

ラベルはマスキングテープなどで簡単に作ることができちゃいます。


いかがでしたか?

収納をすっきりさせることは、日々のストレスを減らすことにもつながります。
ぜひクローゼットの中を見やすく、かつ使いやすい状態にして、すっきりとしたストレスフリーな生活を送っていきましょう!

(恋愛jp編集部)