せっかくのデートなのに男性をがっかりさせちゃうNGワードを放っていませんか?
デートの楽しい気分も台無し……そんなんじゃ彼に帰られちゃいますよ。
デートでのNGワードに気をつけて、思いっきり彼とのデート楽しんでくださいね。

(1)どこでもいいよ!

『自発的な発想がない子って魅力を感じません』(30歳/SE)

早速でました幻滅ワード!
男性が行きたいところならどこでもいいよ……ということなのでしょう。

でも「どこでもいいよ!」と言われた男性は楽しんでくれているのか不安になります。
それは同時に、次のデートを誘う時のハードルを上げさせていることに気づきましょう。

デートでは言葉ではもちろんのこと態度でも「楽しい!」と伝えておくことが大切。
デートが終わった後に「楽しかったよ!」とLINE、その言葉とデート中の態度が一致していれば説得力もあります。

(2)今度は友達も誘って来たいね

『なぜ!?嫌われた……?』(24歳/保育士)

デートで次は友達とも来よう!と言われると、拒否されているようにも感じるものです。
男性は二人で来たいけれど、彼女は二人は嫌なのかな……。
そう感じたらもうデートには一気に誘いにくくなりますよね。

だから男性とのデートが楽しかったという事実は必ず伝えること!
そしてできれば友達を入れることなく、二人でのデートを楽しみましょう。
彼にとってもあなたにとっても二人でデートできる時間が貴重なはずです。

(3)元カレは買ってくれたよ!

『絶句レベルです』(32歳/マーケティング)

元カレがどれだけいい男性だったかなんて今彼の知ったこっちゃありません。
比べられるのは気分が悪いもの。

じゃあ元カレと付き合えば?と突き放されてしまいます。
元カレがネックレスやバッグを買ってくれたからと言ってどうして俺が買わないといけないの?

俺は元カレの代わりなのか……イライラしてしまいます。
ここ元カレとも来た!と言われるだけでも気分が悪いものなのですよ。

(4)おもしろくない

『何様だよ、そいつ(笑)』(25歳/建築)

時にはデートをするときに、見る映画から食べる食事などどちらかが妥協することがあるかもしれませんね。
でもそれはお互い様なので、間違ってもおもしろくないなどと言っては絶対にダメ。

彼のテンションもその一言で下がってしまいます。
「私つまんない……」とついつい言ってしまっていませんか?
口をついて簡単に出てしまう言葉なだけに意識して気を付けましょうね。


いつも彼の立場に立って考えて言葉を使うことができれば、彼を幻滅させることもなくなるはず。

言われて嫌なことは言わないようにしましょうね。
彼を思いやって楽しいデートにしてください。

(恋愛jp編集部)

モテテク記事をもっと読む