年齢を重ねていれば自然と大人の女性としての凛とした雰囲気が備わってくるものです。
どんなにお気に入りのコーデでも、20代過ぎても同じコーデなのは子どもっぽいですよ!
今回は、学生じゃないんだからさ……男が“子どもっぽく”感じるコーデの「NGポイント」をご紹介します。

(1)派手色コーデ

『原宿にいる学生じゃないんだから、派手な色使いはしないで欲しいな』(30歳/経営)

若くて元気な印象を与えたいときにやってしまう原色を使った派手色コーデは学生っぽくなりがちです。
年齢をかさねた今は、元気で若い印象よりも凛とした女性の雰囲気を意識したコーデを考えましょう。

派手色コーデをしなくても、これからの季節ならワイドパンツにサンダルコーデなどで元気でアクティブな印象を与えることができますよ。

(2)リュック

『大人っぽくするためにはやっぱハンドバッグ的な小さめの荷物にしなきゃね』(29歳/人事)

学生に流行りのリュックコーデは10代で卒業しましょう。
もちろんアクティブなデートなら、リュックコーデのほうがいいときもあります。
ですが、街中デートやドライブデートの時にはリュックコーデは控えましょう。

コーデはいつも通りでも、華奢な小ぶりのバッグに変えるだけで簡単に男性ウケする女性らしいコーデに変身できますよ!

(3)ヘアアレンジされていないロングヘア

『女子高生みたいな印象になっちゃうよね』(26歳/アパレル)

どんなにお手入れしていも、学生に人気の天使の輪っかができるさらさらロングヘアは20代では子どもっぽい印象になってしまいます。

ロングヘアなら、アレンジして色々な髪型を楽しみましょう。
ヘアアレンジが苦手ならコテで毛先だけ巻くだけでもグッと洗練された大人の印象に近づきますよ!!

(4)ブラウスのボタン

『大人には抜け感ていうの?色気と気品もないとね』(34歳/建築)

中学の制服のようにブラウスのボタンを上までしっかり留めてしまうとどんなにオシャレなブラウスでもかわいく見えません。

一番上のボタンを開けるだけで余裕のある着こなしにすることができます。
素敵な洋服を選ぶことも大切ですが、着方はもっと大切ですよ!!


今回は、学生じゃないんだからさ……男が“子どもっぽく”感じるコーデの「NGポイント」をご紹介しました。
春になり衣替えの季節、クローゼットを見直して子どもっぽい服は卒業しましょう!

(恋愛jp編集部)