エッチ後の余計なひとことで、彼に「もう二度と会うもんか」と思われてしまうことも。
あなたは彼が傷つくような言葉をポロッと口にしてはいませんか?

今回は、エッチ後に決して言うべきではない「激萎えセリフ」を4つご紹介します。

(1)「もう終わったの?」

『早漏には一番きつい言葉……』(26歳/広告)

正直言って「もう終わり?」と驚くことはあるかもしれません。
しかし、この言葉は男性を激しく傷つけてしまうので、胸の内にしまっておきましょう。

「早いね」「もうイッたの?」なども同じですよ。
彼の気持ちをすっかり萎えさせてしまいますので、注意しましょうね。

(2)「小さい……」

『男として一番言われたくないかも』(31歳/営業)

彼のアソコを褒めるのはよくても、ダメ出しはやめてください。
女性だって自分の体についてあれこれ言われるのは耐えられませんよね。

「小さいね」「小さすぎて入ってるのわからなかった」なんて言われたら、彼はしばらくエッチできなくなってしまうかも?

(3)「責任とって」

『せっかくいい雰囲気で燃えたのに、ほんと一気に萎えるわ』(25歳/建築)

「付き合おう」という言葉なしにエッチをしてしまう2人もいるでしょう。
セフレにしたかったのか、エッチすれば付き合っていることになると思っているのか、彼の気持ちはわかりませんが、エッチ直後に「責任とってね」と言われたら、萎えてしまいます。

特に年上の彼女なら、このタイミングで結婚の話をちらつかせたりするのは極力やめた方がよいでしょう。

(4)「前の彼氏は……」

『ほかの奴に抱かれてたことをわざわざ想像させないでくれるかな』(30歳/インテリア)

前の彼氏はこうだったと聞かされると、男性は一気に冷めてしまいます。
女性だってエッチの直後に元カノと比べられると怒りがこみ上げますよね。

たとえ「前の彼氏よりよかった」という褒め言葉でも、男性にとっては比べているということに嫌悪感を抱きます。
初めてエッチしたときは、つい元カレと比べてしまうかもしれませんが、良くても悪くても決して口に出さないようにしましょうね。


男性は彼女もエッチを楽しんでくれているか気にしています。
エッチ直後のデリカシーのない言葉は、せっかくのムードも台無しに。

男性を激萎えさせてしまうセリフは2人の関係を壊してしまいますので、言わないようにしておいてくださいね。

(恋愛jp編集部)

ナイトライフ記事をもっと読む