大好きな彼とのデートでは、おしゃれにも力が入ってしまいますよね?
でも、彼ウケを良くしようと頑張り過ぎてしまう女子は要注意!

そのファッション、もしかしたら逆効果になっているかもしれませんよ。
そこで今回は、彼ウケが良くない「NGファッション」を4パターンご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

(1)露出が多すぎるファッション

『ちょっと周りの人も振り返るくらいの過度な露出は恥ずかしいからやめて欲しい』(32歳/歯科医)

男ウケを狙うあまり、露出が多いファッションになっていませんか?
適度な肌見せは彼をドキドキさせることもできるし、デート服としてはOK。

でも、あまりにも胸が大きく開きすぎているなど、露出の度合いが多すぎる場合はNG。
「自分の彼女には着てほしくない」と思う男性は多いですし、一緒にいて恥ずかしいと思う男性もいるようですよ。

(2)TPOに合わないファッション

『あらかじめ歩き回るってわかってるのに足痛くなるような靴履いてきて、それのせいで機嫌悪くなるとか最悪のパターンだわ』(29歳/商社)

どんなデートなのかによって着る服装や靴を考えるのは大事なこと。
たくさん歩く日にピンヒールの靴を履いていたら、脚の疲れを気にしてデートを楽しむこともできません。

それだけでなく、彼を困らせてしまう原因にもなってしまいます。
デートを楽しむためにもTPOにあったファッションを心がけるようしてくださいね。

(3)個性的過ぎるファッション

『一緒に歩いてて馴染むファッションじゃないと、カップルとしてちょっと変じゃない?』(25歳/企画)

自分の好みのファッションをするのはとても素敵なことです。
でも、あまりにも個性的過ぎるファッションの場合、好みは分かれるので注意して。
同じようなファッションセンスを持っている彼なら問題ないですが、そうでない場合は、彼との調和を考えることも大切になってくるのです。

(4)ガーリー過ぎるファッション

『ロリータっぽいのは苦手です』(28歳/コンサル)

可愛らしさを意識するあまり、フリルやリボンなどが多い服を選んだりしていませんか?
女の子らしさ満載のファッションは可愛らしい反面、幼稚な印象を与えてしまいます。

また場合によっては「イタい大人女子」になっているケースも。
可愛らしさをプラスするなら、アクセサリーなどの小物で取り入れるのもおすすめですよ。


今回は、彼ウケが良くない「NGファッション」を4パターンご紹介しました。
彼からデートを早退しようかな……と思われないように、コーデには気を配ってくださいね。

(恋愛jp編集部)