下味冷凍は時短にもぴったりなので、時間がない人はぜひ活用したい料理テクニックの一つ。
保存袋に具材と調味料を一緒に入れたら冷凍するだけで、下味冷凍は完了。

この下味冷凍で下準備をしておけば、すぐに調理に入れるのでとっても楽ちんですね。
そこで今回は、下味冷凍で作れる簡単ごはんをご紹介していきたいと思います!

(1)生姜焼き

『さっと手早く味のしみた生姜焼き作れる彼女いたら最高です』(31歳/広告)

豚肉と玉ねぎ、そして醤油など、簡単に使える具材と調味料を入れておけば、あっという間に下味冷凍は完了です。

その後は自由な時に保存袋からお肉を取り出し、解凍して焼くだけです。
お肉にも玉ねぎにも味がしみ込んでいてとても良い風味を味わえます。

(2)キーマカレー

『キーマカレーってめっちゃ大変なんじゃないの?作れたら料理上手だなって感動する!』(28歳/営業)

本格料理で難しいと思われがちなキーマカレーですが、下味冷凍を利用すれば簡単にお手軽調理が楽しめちゃいます。
下味冷凍でひき肉を用意しておけば、お肉は非常にしっとりし、味がしみ込みやすくなります。

ちなみに解凍は不要で基本的に炒めるだけなので、すぐにできる時短レシピを探しているときにもおすすめです。

(3)親子丼

『たまごふわふわ、鶏肉めっちゃジューシーな親子丼、いくらでも食べられる』(32歳/総務)

自前の「親子丼レトルト」を作るなら、下味冷凍で具材と調味料をもみ込んでおきましょう。
すると解凍後は、ただご飯の上に具材を流し込むだけになり、簡単、だけどおいしいレトルト風親子丼に。

さらに美味しさをプラスするなら、卵を回して追加すると良いでしょう。

(4)ローストビーフ

『パーティーでローストビーフ手作りとか完全に惚れる』(26歳/サービス)

実はローストビーフも、下味冷凍をしておくだけでめちゃくちゃ簡単に作ることができる料理の一つです。
下味冷凍をしておけばお肉に調味料の味がしっかりしみこみ、抜群に美味しくなります。

特別なホームパーティーの日などには、ぜひ下味冷凍でローストビーフに挑戦してみてはいかがでしょうか?


いかがでしたか?
下味冷凍を活用すれば、作り置きよりもさらに便利に、時短で簡単な料理が楽しめちゃいます。

本格的なオシャレ料理も下味冷凍で作れるものは多いので、ぜひこれを機に、さまざまなメニューに挑戦してみてくださいね!

(恋愛jp編集部)