気になる男性に「彼氏がいない」ということを伝えたいのに、なかなか「彼氏いるの?」って聞いてくれない!
そんなとき自分からアピールするのもガツガツしてそうだし、どうすればよいのでしょう?
今回は、男性にさりげなく「彼氏なし」を伝える方法を4つご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

(1)「一緒に行く相手がいないの」

『イベントごとに一緒に行く相手がいないと言われるとすごく誘いやすくなりますね』(29歳/IT)

お花見や花火、クリスマスのイルミネーションといった季節のイベントはデートの定番ですよね。
「行きたいなー、でも一緒に行く相手がいなくって……」とさりげなく彼氏がいないことをアピールしてみましょう。

ここで普通なら「彼氏は忙しいの?」といった質問をしてくるはず。
質問に答える形で彼氏がいないことを伝えましょう。

(2)「週末はたまった家事で1日終わっちゃう」

『休みの日に過ごす相手がいないってことかな……ってちょっと期待』(30歳/建築)

休日に一緒に出かける相手がいないアピールで、彼氏がいないことをほのめかしましょう。
ここで彼氏がいないことに気づいてくれる男性もいるでしょうが、「彼氏と休みが合わないの?」と質問する人もいるかもしれませんので、彼氏がいないことを伝えておきましょう。
彼氏いないアピールをしながら、家事もきちんとできることを伝えられますよ。

(3)「料理が好きなのに食べてくれる人がいなくて……」

『僕でよかったらいつでも食べに行きます!ってすぐに立候補(笑)』(27歳/営業)

こんなことを言われたら、すぐに彼氏に立候補してくれそう。
彼氏がいないことと料理上手をまとめてアピールできますよ。
「〇〇ちゃんの料理、食べたいな」と思わせたら、一気に距離を縮めることができるかもしれません。

(4)周りのカップルを羨ましがる

『カップルを見て羨ましがってる様子を見ると、彼氏いないんだなって確信しますね』(28歳/マーケティング)

周りにカップルがいたら「うらやましいなー」「私もあんな風に手をつないでデートしたいな」といったように、彼氏いないアピールをしましょう。
カップルを羨ましがるということは、彼氏がいないんだって気づいてもらえるはず。
彼もあなたのことが気になっているのなら、デートに誘ってくれるかもしれませんよ。


彼氏がいるか聞いてほしいのに、なかなか聞いてくれないなら、自分からさりげなく伝えるしかありません。
「彼氏がいない」ということがわかるような話題で、彼に気づいてもらいましょう。

(恋愛jp編集部)