付き合い始める前に体の関係を持ってしまうと、彼にとっては「セフレ」ということになってしまうかも?
彼のことが好きでセフレのままでいたくないなら、本命への昇格を狙いましょう。
セフレから本命彼女に昇格する最短ルートをご紹介します。

(1)エッチのテクを磨く

『本命がエッチ好きじゃない場合は、かなりセフレとの間で揺れると思う』(26歳/飲食)

もしあなたのエッチテクが秀逸で、本命彼女があまり上手ではなかったら……。
彼は最終的にあなたを選んでくれるかもしれません。

セフレの関係は束縛し合うものでもないので、エッチ上手なあなたが「他の男に取られるかも?」と思うと彼は逃すのが惜しくなってしまいます。
エッチテクを磨くには、知識を身につけるだけでなく、彼への気遣いが大事。
彼が何を望んでいるのか、よく見ておきましょう。

(2)彼の性癖を受け入れる

『結局、自分を隠さずに出せる子がいいよね』(29歳/インストラクター)

ちょっぴりアブノーマルな性癖があっても、本命の彼女には内緒にしているという男性は少なくありません。
正直に話してドン引きされては困るので秘密……でもセフレには言えるのです。

そのためセフレとのセックスの方が、自分の欲望を追求することができるというわけ。
秘密を分け合っているということで、男性はセフレとの絆を感じるようになり、セフレを本命彼女に昇格させることがありますよ。

(3)気遣いを見せる

『自分をより想ってくれてる方を選んじゃうこともあるよ』(23歳/アパレル)

セックスだけの関係と言っても、お互いに嫌いというわけではないはず。
そのため本命の彼女に勝る点があれば、本命の座につける時がくるかも?

たとえばセックスの後の気遣い。
のどが渇いた彼に飲み物を渡したり、帰る前にはベッド回りを片付けたりなど、「気遣いができる子だな」と彼に印象付けましょう。
もし本命の彼女が全く気遣いできないタイプなら、彼はあなたのことを選んでくれるかもしれません。

(4)まじめなところを見せる

『実はイイ女だってわかったら意識し出すかも』(33歳/人事)

セフレ扱いということは、大事に思われていないということになります。
そこであなたのまじめな部分をアピールしてみましょう。
スキルアップのために休日は勉強しているとか、家族を大切にしているところなど。

「素敵な女性」と印象づければ、彼はあなたのことを大切に扱いたくなるでしょう。
大切に扱うためにも、あなたを本命彼女に昇格してくれるはず。


好きな男性のセフレでいるのって寂しいですよね。
しかしセフレから本命になった女性はたくさんいるので諦めないでください。
彼に「自分だけを見つめてほしい」と思ったら、本命彼女への道を目指してくださいね!

(恋愛jp編集部)

ナイトライフ記事をもっと読む