彼とのデートでは、服装もきちんとコーデしていますよね。
しかし、自分では、シンプルで大人っぽくキメたつもりでも、彼からは「地味」と思われているかも。
そこで今回は、彼をガッカリさせる「地味見えなファッション」を4つ紹介していきます。

(1)地味な色でコーデ

『おばあちゃんみたいな色ばかり使っている人』(28歳/公務員)

合わせやすい色ばかりでコーデしていませんか?
黒やグレー、カーキやベージュなどは、シンプルで合わせやすい色ですが地味になりやすい色。

地味な色×地味な色では、どうしてもおばちゃん臭くなるものです。
女性らしい華やかな色とコーデする、または差し色をすると、垢抜けた印象に。

(2)シンプルな形ばかり

『シンプルコーデって一番難しいと思うよ』(33歳/営業)

着やすいシンプルな形ばかりでコーデしていませんか?
シンプルな形はスタイリッシュに着こなすことも可能ですが、合わせ方によっては無難な地味コーデになりがち。

袖コンシャスやネックラインがキレイなものなど、形に特徴があるものを取り入れるとOK。
シンプルな色コーデでも、形が変わるだけでオシャレコーデになりますよ。

(3)サイズにメリハリがない

『無難なサイズを上下で合わせていると、おばちゃんみたい』(27歳/コンサル)

馴染みの良いサイズ感ばかりを着ていませんか?
大きくもなく小さくもないサイズを上下で合わせると、地味コーデになるもの。

サイズにメリハリを出すことで、シルエットがキレイになります。
例えば、ボリュームのあるトップスにタイトなボトムスを合わせるなど。
シルエットも意識してコーデしてみましょう。

(4)肌見せゼロ

『首も詰まった服で肌が全然露出していないと、野暮ったくなる』(30歳/金融)

肌を全て隠すようなコーデをしていませんか?
首や手首、足首を全て隠す肌見せゼロコーデは、垢抜けない印象になるもの。
女性らしさもなく色気も出ないのでNGコーデ。

首・手首・足首を出すコーデにしてみて。
3点全部ではなくても、1点は必ず出すようにしましょう。


同じようなコーデをしていても、オシャレで垢抜けている人もいますよね。
それは、シルエットや色、形をきちんと意識してコーデしているから。
全体のバランスを見ながら、コーデしていきましょう。

(恋愛jp編集部)