何気なく使った言葉が彼をイラっとさせているかもしれません。
彼と付き合うことに慣れてくると、遠慮のない言葉で男性のプライドをグサグサ傷つけているかもしれませんよ!
今回は、彼をイラっとさせる「ありえない一言」を4つご紹介します。

(1)「こんなこともできないの?」

『冗談でもプライドが傷つく!』(28歳/美容師)

女性に「頼もしい」と思われたい男性にとって、「こんなこともできないの?」という無能呼ばわりは許せません。

頼んでおいたことを彼が忘れていたり、ミスしたりしたら、つい「こんな簡単なこともできないの?」という言葉が出る人もいるかも。
しかし、こんなひどい言葉を投げかけられたら、彼は「ごめん」と思うどころか「別れたい」と思ってしまいますよ。

(2)「ここ、前にも来たことがある」

『めちゃくちゃテンション下がります……』(25歳/公務員)

デートに人気のちょっとお高いレストランなど、せっかく奮発して彼女を連れてきたのに、「ここ、前にも来たことがあるんだ」と言われたら、男性はかなりショックを受けます。

「元カレと来たのかな?」と思うとテンションも下がってしまうでしょう。
このようなときは、あなたを喜ばせようとして連れてきてくれた彼に配慮が必要。

「ここ来るの初めて」と嘘をつく必要もありませんが、わざわざ余計なことを言って彼をガッカリさせないようにしましょうね。

(3)「〇〇君ってカッコいいよね」

『タレントでも嫌だな~』(24歳/保育士)

彼女が他の男性を褒めると、イラっとしてしまう男性も少なくありません。
比較されているみたいで、プライドが傷ついてしまいます。

たとえば「〇〇君カッコいいよね」のような言葉には内心イラっ。
女性だって彼氏が他の女性を褒めていたら嫉妬することがありますよね。

男性だって同じようにイライラしてしまうので、彼の前ではあまり他の男性を褒めないようにした方がいいでしょう。

(4)「男なのに」

『男なのに……って言う子って、自分が男っぽい子が多い気がする』(31歳/マーケティング)

「女なのに……」と言われたらイラっとする女性でも、つい男性に「男なのに」という言葉を使っていませんか?
「男なのにこれくらいも運べないの?」などの言葉は男性を傷つけます。

自分が男性に対して抱いているイメージと違うところがあっても、このようなプライドを傷つける言葉を使うのはNG。


彼に対して遠慮がなくなると、デリカシーのない言葉で傷つけているかもしれませんね。
一度言ってしまった言葉は取り消せないので、注意が必要です。
気持ちよく付き合うためにも、言葉には十分気を付けましょう。

(恋愛jp編集部)

カップル記事をもっと読む