彼のことが好きすぎて、彼の周りの女性に嫉妬してしまうことはありませんか?
可愛いヤキモチなら許せても、怖いほどの嫉妬は男性も逃げたくなってしまいます。
今回は彼が本気で嫌がる嫉妬の仕方を4つご紹介しますので、同じようなことをしていないか自分の行動を見直してくださいね。

(1)他の女性の連絡先消去を要求する

『生産的じゃない考え方の子とは付き合えない』(34歳/SE)

彼氏が女友達と頻繁に連絡を取っていたら、嫉妬してしまうかもしれません。
しかし「私以外の女性の連絡先は消して」と要求するのは、度が過ぎています。

古くからの女友達や、会社の同僚など、連絡先を消すと困る相手も。
そこまで嫉妬深いと、日常的な人間関係にも支障をきたすので、付き合うのが面倒になってしまうでしょう。

(2)明日の予定を確認

『管理されてるようですごく嫌』(26歳/営業)

毎日「明日は何時に帰る?」と彼女に聞かれると、束縛されているようでうんざり。

飲みに行くときは、「誰と?」「どこで?」と根掘り葉掘り聞いてきて、女性も一緒だと激しく嫉妬します。
束縛がひどすぎると、男性は本気で嫌になってしまうでしょう。

(3)元カノへの嫉妬

『その感情がよくわからん!!』(24歳/飲食)

元カノと会っているわけではないのに、いつまでも嫉妬されると、男性はうんざりしてしまいます。

過去のことに嫉妬されても、どうしようもありません。
あまりに嫉妬深いと彼も嫌気がさして、そのうち自分も元カノになってしまうかも?

(4)他の女性への敵対心が激しい

『見てて醜いっす……』(22歳/福祉)

他の女性への嫉妬がひどく、彼がすれちがいざまに女性を見たと言っては、「あんな女どこがいいの?」と敵対心を燃やします。
彼がテレビに出ている芸能人を「かわいい」といえば、「全然かわいくない」とけなす。

とにかく自分以外の女性は徹底的にけなす彼女の嫉妬心に、男性は疲れてしまうでしょう。


激しく嫉妬するときの顔って自分ではわかりませんが、かわいくはないでしょうね。
「付き合ってられない」って彼が本気で嫌がる前に、嫉妬心を抑えられるようになりましょう。

(恋愛jp編集部)

カップル記事をもっと読む