彼に「会いたい」と言ってもらえると、とても愛情を感じますよね。
では、男性はどんな時に会いたくなるのでしょうか?

今回は男性が彼女に「ふと会いたくなる」瞬間をご紹介していきます。

(1)辛いことがあった

『彼女の胸に埋まって癒されたい』(28歳/企画)

仕事で失敗したり挫折を味わったとき、男性はプライドを保つことができずに落ち込んでしまいます。
弱ってしまったときほど、女性に癒されたいと思うでしょう。
「大好きな人」という存在は不思議と元気を与えてくれます。

そのため、彼が落ち込んでいるときはとことん受け止めてあげることが大切。
信頼関係がさらに深くなるはずですよ。

(2)仕事で疲れた

『彼女とのなんでもない会話に笑ってストレス発散!』(26歳/商社)

仕事を頑張る男性は輝いて見えますよね。
でも、どれだけ仕事熱心だとしても、誰しも疲れてしまうもの。
そんなときに男性は好きな女性に会いたくなります。

こうした場合、男性は仕事とは無関係の癒しの時間を求めています。
自分から話題を出さない限り、仕事以外の話題になるようにしましょう。

(3)なかなか会えない

『たまにしか会えないからこそ、会いたいって気持ちが強くなる』(32歳/輸入)

遠距離だったりお互いに仕事が忙しかったり、色々な事情で会えないときがあるでしょう。
会いたいのに会えない。
そんなもどかしさは、愛情を膨らませます。

愛しくて堪らなくなった彼は、今すぐにでも駆けつけたくなるでしょう。
恋愛において、頻繁に会うことが必ずしもラブラブな証拠ではありません。

(4)酔っ払った

『酔ってるときは本能にしたがってるんだよね。だから会いたくなるし触れたくなる』(27歳/サービス)

急に連絡が来たかと思えば、彼は酔っぱらっているみたいだった。
そんな経験はありませんか?
いつもの彼と違う姿に最初は戸惑うかもしれません。

でも、こういった場合の男性は「会いたくてたまらない」という本心を抱えていることがほとんどです。
普段クールな人も酔うと理性がなくなるもの。
お酒の力を借りて素直になりたいのかもしれません。


男性は「会いたい」と思っても口に出さないことが多く、これが女性とのすれ違いの原因にもなります。
彼の行動から「会いたいサイン」をキャッチできれば、きっと二人の関わり方も変わるはず。

ぜひ今回の項目を参考にしてみてください。

(恋愛jp編集部)

カップル記事をもっと読む