好きな人とLINEをしてて、自分に興味を持ってもらえているのか知りたい……。
そんな恋する乙女は必読です!

今回は、好きな人からの返事で脈アリ・脈ナシを知る方法を4つお伝えします。

(1)相手からくるLINEの頻度が高いのは脈アリ

『好きじゃなかったらわざわざLINEしません』(29歳/商社)

相手からくるLINEの頻度が高いのは脈アリと言えるでしょう。
男性も好きな人とはできるだけつながっていたいと考えています。

なので、彼からLINEが来る頻度が高い場合は、あなたに興味を持っているといってほぼ間違いないでしょう。

しかし、男性にもLINEが好きな人もいればそうでない人もいます。
なので、一概にそう思って落ち込まないようにしましょう。

(2)返事が早いのは脈アリ

『基本的に通知で好きな人からだったらすぐ開きますし、返事もします』(33歳/建築)

返事が早いのは脈アリでしょう。
男性は女性のようにあまり駆け引きはしません。

特に、大人の男性はできるだけ好きな相手には我慢させたくないと思って、返事を早くします。

仕事の忙しさや、普段どれくらい携帯を触っているかにもよりますが、比較的返事が早い場合は、あなたもスキを見せてデートに誘ってもらうようにしましょう。

(3)短文での返信は脈アリ

『短くすることで、テンポよくどんどん話せるじゃん』(27歳/美容師)

短文での返信は脈アリのようです。
男性にアンケートを取ったときに、80%を超える男性が「好きな人には短文で返信をする」といっています。

これは、男性の「もっとたくさんやり取りをしたい」という心理が隠されています。
なので、短文で返信が返ってくるから「脈がないかも……」と思わないようにしましょう。

(4)既読無視がないのは脈アリ

『忙しい時もあるから、その日の夜までとかは待っててほしいな』(30歳/公務員)

既読無視がないのは脈アリの証拠です。

男性が忙しい時間帯に携帯をチェックして、そのまま連絡を取り忘れていても、好意のある相手には必ず後で返信をするといいます。

なので、時間をおいても返信がちゃんとくる場合には、男性は好意を抱いている証拠なので、心穏やかに待つようにしましょう。


好きな人からのLINEの返事で脈アリか脈ナシかを判断する方法を4つご紹介しました。

この判断方法も、あくまでも多数の男性の意見を取り入れたものです。
もしかしたら、あなたのカレは違うかもしれないので、しっかりと様子をうかがってみてくださいね。

(恋愛jp編集部)