「彼氏はできるのになぜかすぐに別れてしまう」なんて悩みはありませんか?
男性を惹きつける魅力と関係性を育むスキルは、必ずしも同じではありません。

大好きな彼と付き合うことができたらどうすればいいのか、「いい関係を続ける」秘訣を見てみましょう。

(1)LINEだけで済ませない

『LINEもいいけど、電話したり会って話をする時間も大切にしたい』(28歳/IT)

四六時中LINEをするラブラブカップルは一見長続きするように見えますが、そうとも限りません。

大切なのは質です。
大量のLINEも内容が伴っていなければ「義務」と化してしまうでしょう。

LINEよりも優先したいのは、実際に会ったり、電話する時間です。
短い時間でも十分なので、こうした相手の存在をより感じられるコミュニケーションの機会を設けるようにしましょう。

(2)特別感を出す

『僕の彼女は特別美人なわけじゃないけど、誰よりも僕のことを理解してくれている。もう彼女以外と付き合えないと思う』(31歳/広報)

恋愛初期の男性は、女性のルックスや雰囲気を重視しますが、その後は変わってきます。
やはり付き合い始めれば相手の内面が見えてくるもの。
関係性を持続させれるかどうかは、内面の相性がキモになってくるでしょう。

「彼女」という特別な存在でいるためには、何か特別な理由が必要です。

相手の性格をじっくりと見極め、お互いの足りないところを補ったり、共通の感性を見つけましょう。
段々と彼は「彼女じゃないとダメなんだ」と感じ始めるはずです。

(3)居心地を良くする

『他の誰といるよりも彼女といるのが一番居心地がいい』(29歳/美容師)

付き合えば友人以上に密にコミュニケーションを取るようになります。
当然、居心地が悪ければ持続することは難しいですよね。

居心地良く感じるためには、「ありのままの自分を受け止めてくれる」という経験が重要。
男性は何を大切にしているのか、どうすると安心できるのか。
こうした男性を主体にした思いやりを持ちましょう。

(4)将来を想像させる

『彼女の家庭的な一面を見て、将来を一緒に過ごせたらいいなって考えるようになりました』(32歳/マーケティング)

何をするにも「目標」がないと持続できません。
とくに「恋」が「愛」に変わる瞬間というのは、相手との将来を見据えていることがほとんど。

一時的な感情を優先したり、後先を考えない行動を取れば、逆方向へと進んでしまうでしょう。
「思いやり」「深い思考」「家庭的な側面」など、時間をかけて愛情を育みたくなる要素を磨きましょう。


男性が長く付き合う場合、必ず何か理由があります。
衝動的な恋ではなく、人としてずっと一緒にいたいと思わせる何かです。
まずは彼という人柄をしっかりと理解するところから始まるのではないでしょうか。

(恋愛jp編集部)