今回は男性を心底うんざりさせてしまうLINEに密着!
こんなLINEを送っていると、彼の気持ちはどんどん離れていってしまうかもしれません。
さっそくNGポイントを把握して、危機を回避する術を身に付けていきましょう。

(1)催促LINE

『催促された時点で冷めちゃう……』(25歳/美容師)

彼からのLINEが遅いからといって、催促するのはNG。
男性は基本的にLINEを好まない傾向にあるので、ちょっとした催促でも心底うんざりしてしまうんだとか……。

一方的に感情をぶつけてしまうと、良好な関係が破綻する恐れもあります。
返信が遅くても「何かしているんだろう」と毅然とした態度で待ち、彼を安心させてあげましょう。

(2)会いたがりLINE

『それしか言えないの?って思っちゃう』(30歳/会計士)

「いつ会える?」「早く会いたい!」なんてLINEを頻繁に送っていませんか?
確かに1度や2度であれば、可愛いわがままで終わるでしょう。
しかし、しょっちゅう会いたいと言われれば、男性もウンザリせざるを得ません。

会いたいLINEを送る時は、ここぞという時まで取っておいて彼の気持ちが離れないよう注意。

(3)何としてでも愛情を確かめようとするLINE

『ウザイの一言です!』(27歳/証券)

「私のことが1番好き?」「私のどこが好き?」なんてLINEを送っていませんか?
彼の愛情を確かめようとする行為がたまにであれば、何も問題はありません。

しかし、このやり取りが頻繁に行われているのであれば、2人の関係は非常に危険。

何度も愛情を確認してくる彼女への苛立ちと信頼されていない虚しさの2つ面で、彼は押しつぶされてしまうことでしょう。
彼を信頼してあげるのも、彼女にしかできない大切な役割ですよ。

(4)報告LINE

『いちいち報告しなくてよくない?』(23歳/会社員)

「今日友達と〇〇に行ってきたよ」「今〇〇にいます」なんて報告LINEは、男性を疲れさせてしまいます。

女性からすると、近況を報告することで彼を安心させてあげたいという気持ちがあるのかもしれません。
しかし、まるで日記のように綴られるLINEを頻繁に送られても彼は困るだけ!

せめて「〇〇行ってきたけどすごく楽しかったから今度一緒に行こう!」など、デートに関係のある内容にすると、印象は大きく変わってくるのでオススメですよ。


彼のためを思って送っているLINEのはずが、うんざりされてしまう……これは女性からしてもかなりショックですよね。

これらの事態を避けるためには、まず彼の立場になって考えてみることが大切です。
2人の気持ちをしっかりとすり合わせて、ラブラブな関係になれるきっかけをあなた自身が作ってあげましょう。

(恋愛jp編集部)

ライン記事をもっと読む