追うよりも追われたいと考えている全女性必見!
今回は男性が思わず追いかけたくなってしまうモテ女性のLINEを大公開していきます。

彼が手放したくないと感じる女性になるための一歩を、この記事で一緒に踏み出しましょう。

(1)情報を全て出さない

『自分の話ばかりする子よりも、ミステリアスな子には色気を感じます』(31歳/webデザイナー)

大好きな彼にはなんでも知ってほしい……このように考えるのは何も悪いことではありません。
しかし、全てを分り切ってしまったらつまらないことだってあります。

男性はミステリアスな一面を持つ女性に魅力を感じる傾向にあるので、必要以上の情報は伝え漏らさないのがベスト!
上手に彼の好奇心を刺激して、追われる立場を確立させましょう。

(2)時には自分からLINEを切り上げる

『もっと話したくて、会いたくなった』(29歳/マーケティング)

大好きな彼とならずっとLINEをしていたいと考える女性も多いのではないでしょうか。
確かにLINEをする時間が長ければ長いほど、親密な関係を築ける可能性も高くなります。
しかし、その分男性に飽きを感じさせるスピードも早まる恐れがあるのです。

男性は自分の言うことを何でも聞く女性より、自立心がある女性を好みます。
「お風呂に入ってくるからまたね」「もう眠いから寝るね」など、自分のペースで彼と接すれば、追われる存在になるのはそんなに難しくないかもしれませんね。

(3)すぐに既読しない

『ずっと待ってたみたいで、正直ちょっと怖いな』(25歳/公務員)

彼からなんてLINEが来たのか、いち早く既読したい気持ちは分かります。
しかし、追われる女性になりたいのであれば、すぐに既読マークを付けるのはあまり得策とは言えません。

すぐに既読マークがつけば、男性に「この女性は自分からの連絡を待ちわびていたんだな」と思われてしまいます。
この時点で自分が追う存在になっていることを自覚しなければなりません。
すぐに既読することは避けて、彼とのかけひきを制しましょう。

(4)自分からはLINEを送らない

『俺に興味ないのかなって、不安で連絡したくなる』(23歳/美容師)

追われる女性は、自分からLINEを送るようなことをしません。
自分からLINEを送れば、主導権を握られてしまう恐れがあるからです。
言わずもがな、追われる女性になるためには主導権を握らなければならないので、このアクションはとても大切なことといえます。

いつも自分からLINEを送ってしまっている人は、彼からLINEが来るまで待つことを意識してみるといいかもしれませんね。


追われる女性は、自分の考えを主張することができる人のことを指します。
その毅然とした態度は、男性のハートをいとも簡単に射貫く力を秘めているのです。
まずは自分ができることから始めて、追われる女性の足掛かりを作っていきましょう。

(恋愛jp編集部)