男性が別れると決めた固い決意を揺らがせることはできるのでしょうか。
今回は彼の別れたい気持ちを思いとどまらせるテクニックについてお伝えします。
別れ話を乗り越えて仲良くなれた二人は、今までにも増して強い絆で結ばれることでしょう。

(1)付き合って間もない頃を思い出してもらう

『あの時は俺の方が惚れちゃってたなってちょっと思い出すといろんなこと許せてくる』(27歳/営業)

付き合いも長くなってきたらマンネリ化することがありますよね。
付き合った当初の楽しかった頃のことなんて忘れてしまっているかも。

だから別れたい気持ちがでてきたなら、当時のことを二人の思い出の写メなど送って振り返ってもらいましょう。

当時の気持ちを思い出してもらうのです。
関係を再構築しようと努力してくれるかもしれませんよ。

(2)別れる理由をなくす

『言ったことで直してくれるなら、俺も少し歩み寄ろうかなって』(32歳/教師)

改善余地があれば改善しましょう。
男性が女性のダメな性格に我慢ができず別れを決意した場合などに改善が可能です。

「言葉遣いが汚いし、考え方がネガティブすぎてもう耐えられない!」そう言われたときに、努力して変わろうとするところを見せましょう。

形だけではなく本心から変わろうとしている姿勢を見せるのです。
そうして彼の中で別れる理由がなくなり、付き合いを継続してくれるはずです。

(3)少し距離をとってみる

『いないことで改めて、彼女の存在って俺にとってどうだったんだろうって考えられた』(32歳/企画)

フラれる側の女子からしてみれば、さらに心が離れてしまう気がして不安が増大しますよね。

でもそんな女子に知っておいて欲しい……男性には距離をとることが効果的です。
冷静に考える時間ができるのです。

自分本位で振り回して彼女に迷惑をかけていたなど、彼女へのダメな行いを反省するのもまた冷却期間をおいたからこそ。

散々振り回した挙句、自分の身勝手で彼女と別れようとしている……俺は最低だ。
冷却期間をおいたことで、以前の彼より優しくなって戻ってきてくれるかもしれませんよ。

(4)彼女に泣きつかれてしまった

『そこまで俺のこと好きだったんだってちょっとびっくりと同時に、ちゃんと見てあげれてなかったなって』(26歳/販売)

別れたくない……そう泣きつかれた彼。
彼女も気持ちが冷めてきていると思っていたけれど、違ったと知った時。

男性は彼女の涙におろおろしちゃいます。
男性は女性の涙に弱い……というか彼女の涙にめっぽう弱いものです。

彼に別れたくないとしっかり意思表示し、その気持ちをあふれ出る涙で証明しましょう。
もう泣かせたくないと気持ち新たにきっと再構築してくれます。


これらのテクを使っても残念ながらお別れになってしまうケースももちろんあります。
そんな時は後々「やっぱり別れた元カノが好きだ!」となる可能性を残すためにも良い別れ方をしておきましょう。
辛く悲しいですが、そのほうが復縁の可能性を望めます。

(恋愛jp編集部)

カップル記事をもっと読む