夏の陽気にピッタリのカラーといえば、ビビット。
普段は難しい明るい色のアイテムコーデも、夏は気軽に使ってみるのがコツです。

4つのスタイルから学んでみてくださいね。

(1)バッグ

『ターコイズとの合わせのような、リゾート感が好きです』(26歳/アパレル)

まずは、小物のコーデから。
夏の青い海を思わせるビビットなブルーをカバンに使ってみましょう。
デニムのシンプルなコーデに元気な印象を与えてくれます。

パンプスにシャイニーカラーを合わせることで、トレンド感のあるおしゃれコーデが完成。

(2)Tシャツ

『元気な印象で、周りも明るくなりますね』(29歳/金融)

夏の主役Tシャツにもビビットカラーを取り入れてみましょう。
ベージュパンツと合わせるなど、シンプルなコーデにすればオフィスでも使えるようなきれい目コーデが作れます。

素肌の面積が増える夏は、アクセを大振りに決めるのがポイント!

(3)ワイドパンツ

『主役はパンツってゆうのが、目立ってていいね!』(25歳/サービス)

トレンドのワイドパンツもビビットカラーが使えます。
トップスとパンプスにブラックを合わせると、ほとんどのビビットカラーパンツを着こなすことができるでしょう。

トレンドのバイカラーコーデの、サマーバージョンが完成です。

(4)スカート

『明るいレモン色のスカート、可愛くて抱きしめたい』(30歳/経理)

トレンドを超えて定番のおしゃれアイテムとなっている半端丈スカート。
夏のデートには、思い切って明るいグリーンやイエローを楽しみたいものです。

ポイントは、カジュアルに振り切ること。
キャラクターのTシャツや麦わらハット、ルーズにまとめたアップヘアなどと相性抜群!
ぜひ、この夏のカジュアルコーデの参考にしてください。


オフィスでもプライベートでも、夏はビビットカラーのアイテムをどんどん取り入れましょう。
明るく健康的な印象は、モテ女子のマスト要素でもありますよ!

(恋愛jp編集部)