恋愛がマンネリ化したことが真っ先にわかるのは、LINEの返信速度の遅さや既読スルーです。
マンネリ化した彼をさらに追い詰める行為はNG。
今回は男性を「飽きさせない」ためのLINEをまとめてみました。

(1)相手の関心に合わせる

『興味のない話題ばかり振られてもだんだんつまらなくなる』(30歳/企画)

マンネリ化したときに女性側の興味のある話題を振っても、男性は愛想よく返したいと感じません。

会話に興味を示してもらうためには、まず男性が何に関心を向けているのか調べ、その話題を振りましょう。

そもそも「マンネリ化に至るまでに彼の好みに寄り添えていなかった」なんてこともあります。
話題の振り方が変わることで男性は、「前より会話が楽しい」と感じるかもしれませんよ。

(2)返信しやすい内容にする

『長文のLINEを送られるとなんて返していいのかわからなくなる』(28歳/広告)

長文LINEや、要点のわからないLINEは、男性に頭を使わせます。
返信にひと手間かかるとなれば、男性はいつまでも返信を先送りにしてしまうでしょう。

LINEは長くても3行まで。
完結に内容がわかりやすい文面を心がけましょう。
目安は普段の何気ない会話のときの言葉数くらいです。

(3)報告LINEは控える

『その日あったことの報告をLINEでされても反応に困る……』(31歳/マーケティング)

「今日○○があった」「昼食はこれ」「○○に行ってきた」など、自分の行動を報告するLINE。
好きな人には自分のことを知ってもらいたいと感じるものですね。
ですが報告LINEは「ただの日記を送りつけてくる」と認識されてしまうことも。

こうした内容は彼に送るのではなく、SNSに投稿するべき。
SNS上で彼が関心を示せばやりとりしてもいいですが、LINEで送るのにはちょっと重たすぎるでしょう。

(4)催促はしない

『返信の催促はウザい』(30歳/IT)

「彼からなかなか返信が来ない」と、嫌われていないか心配になる場合があります。
仮にマンネリ化が原因で放置していたとしても、男性はそこまで嫌っていない可能性が高いです。

そこに「嫌いになった?」「ツライ」「今誰といるの?」など立て続けに送るのはNG。
嫌ってはいなかったのに、そう言われたことがきっかけで嫌いになってしまうかもしれません。


LINEは通常の会話とは違い、相手の状況がわからないからこそ不安も感じやすいです。
でも不安をそのまま言葉にしてしまうのはいいとはいえません。
「どうしたら男性は楽しんでくれるのか?」というポジティブな発想に変換しましょう。

(恋愛jp編集部)