男性との距離を縮めるのにLINEというコミュニケーションツールは必要不可欠です。
上手に活用して彼との仲を深めてくださいね。
今回は男性を惚れさせるLINEのモテテクをお伝えします。

(1)デートのお礼は欠かさない

『デートの後のLINEって何気に楽しみにしてます!』(28歳/不動産)

デートが終わったら必ずお礼のLINEを送りましょう。
「今日は楽しかった……ありがとう!」という感想とお礼を伝えます。

「もっと一緒にいたかったね……また会いたいな」
この言葉をLINEに入れると次回デートに誘われる可能性が高くなりますよ。
好意が感じられる文面に、男性は嬉しくなることでしょう。

(2)急ぎの返信が必要なときには早急に送る

『すぐ返信くれた方が助かるときってあるよね』(31歳/看護師)

LINEの文面を見ると急ぎかどうかの判別がつくはず。
デートの日程を決める連絡であれば、早くに連絡をしたほうが彼もその後の予定を立てやすいですよね。
こういう小さなことの積み重ねで、信頼や安心感につながるのです。

他愛もない話などはあなたの時間があるときに返信すればOK。
どんな時でも即返信は逆に男性にプレッシャーを与えることもありますからね。

なので他愛もない話のときはあなたの都合の良い時、緊急時はLINEを確認した時に……と対応を変えるとよいでしょう。

(3)敬語とタメ口を使い分ける

『親しくなりかけな感じがドキドキする!』(26歳/アパレル)

敬語ばかりだといつまでたっても距離が縮まりません。
かといってタメ口だと礼儀がなってないと思われてしまう!
それだけは避けないといけません。

だから基本的には敬語で話すように心がけ、たまにタメ口になって男性の心をグッと近づけて。

「ディナーご馳走になっちゃってありがとうございました!美味しかった~♡」
こんなふうにたまにタメ口を入れて徐々に親しい関係になっていきましょう。

(4)ごめん!寝落ちした

『寝落ちしちゃう無邪気さにキュンとしちゃうんだよ~』(22歳/通信)

お互いに明日があるのであまり遅くまで起きていたら寝不足になっちゃう。
そんなとき、たまにはこんなテクをつかってみても。
彼からのLINEに既読を付けずに寝てしまいます。

彼の睡眠時間を奪わずに済むし、あなた自身もしっかり眠れます。
しかも彼は眠るまであなたのことを考えてくれるのです。

「ごめん!寝落ちしちゃってた……」
次の日そう送ってLINEを再開しちゃいましょう。


さあ今日からこれらのLINEモテテクを駆使して、気になる彼から「好き」の気持ちを引きだしましょう。

あなたとのLINEが日常化したら彼LINEが来るのを待っちゃうかもしれません。
紹介したモテテクであなたと彼の距離がいっぱい縮まりますように♡

(恋愛jp編集部)