今回は、長続きカップルが避けている4つのNG例を大公開していきます。
あなたが恋人と長続きしないのは、もしかするとアレが原因かも?
今度こそ本物の恋を成就させたい人は、さっそく詳細をチェックしていきましょう。

(1)過度な束縛

『仕事の付き合いとかもあるし、お互いに過度な束縛はしないようにしています』(32歳/経営)

社会人になると、仕事の関係上異性と接する機会が増える人もいます。
そのため「他の女性とは一切連絡を取らないで」「女性がいる飲み会の席には絶対に参加をしないで」というような過度な束縛はNG。

彼の仕事やプライベートを脅かすような激しい束縛は、2人の溝を深めるだけなので注意しましょう。

(2)余計な詮索

『あれこれ詮索されるとめんどくさいなぁって思っちゃいますね』(31歳/営業)

人に言えないことの1つや2つは、誰しも必ず持ち合わせています。
そのため恋人だからといって相手の秘密をすべて暴こうとするのは野暮というもの。

「彼氏のことは何でも知っておきたい」と余計な詮索をするのではなく、せめて相手から話出すのを待ちましょう。

(3)休みの日は必ずデート

『休日でも予定があるときは合わない日もありますよ。お互いのプライベートが大切にできない付き合いはしたくないので』(30歳/SE)

「休みの日は大好きな彼と一緒にいたい!」という気持ちはわかります。
しかし毎回彼の休日を独占してしまうのはNGです。

お互いのプライベートの時間もしっかりと尊重して、彼の気持ちに寄り添ってあげれば2人の関係は自然と長続きするはずですよ。

(4)ケンカの持ち越し

『ケンカしても必ずその日のうちに仲直りを心がけてます。次の日に持ち越したくない!』(27歳/営業)

長続きカップルは、たとえケンカをしたとしても次の日にまで引きずるようなことをしません。
ケンカを長引かせてもお互い何のメリットにもならないことをわかっているのです。

自分の非をしっかりと認め合って、早期に関係の修復を行いましょう。


恋人だからといって相手にさまざまな負担をかけてしまうと、続くものも続きません。
今回紹介した例は相手のことを思う気持ちが強ければ強いほど、やってしまいがちなものばかり。

自分の感情で動こうとするのではなくまずはひと呼吸おいて、冷静になってから行動へと移しましょう。

(恋愛jp編集部)

カップル記事をもっと読む