付き合っていると無意識のうちに「残念な粗」を見せていることがあります。
男性の目は案外シビア。
今回は男性が残念に思う「彼女のマイナスポイント」をまとめてみました。

(1)すぐに比べる

『元カレと比べられたら一気に気持ちが冷める』(30歳/マーケティング)

過去の男性と比べたり、友人の彼と比べたり、自分の理想像と比べたり……。
男性は女性以上に競争心が強く、比べられることが嫌いです。

また「比べる」という行為は目の前の男性を受け止めているとはいえません。
次第に男性も、居心地の悪さを感じるようになってしまうでしょう。

(2)自分の主張ばかり

『主張が強い人って一緒にいて疲れる』(29歳/SE)

自分の考えをしっかり持つのはいいこと。
でも行きすぎると男性は「欠点」と認識してしまいます。

自分の意見をいう時は、必ず相手の考えも確認しましょう。
また自分にとって関心のある話題が、必ずしも相手も関心があるとは限りません。
お互いにいい気分でいられるよう、相手の考え方に合わせることも大切ですね。

(3)厳しすぎる

『あれこれ口出しされると窮屈になってくる』(28歳/商社)

自立心の高い女性は、自分に対して厳しい傾向にあります。
そして自分に対して厳しい人は、他人に対しても同程度の厳しさを求めます。
男性の生活習慣や金銭面に厳しく口出しするのはNG。

カップルになるとついつい境界線が曖昧になってしまいがちなので、注意が必要です。
「彼女」の特権を使って口出しする行為。

これは男性のプライベートまで思い通りにしようとしているとも受け取れ、男性は逃げてしまうでしょう。

(4)欠点ばかり指摘する

『欠点ばかり言われるとテンションが下がる』(26歳/アパレル)

親しくなり一緒に過ごす時間が増えれば、どうしても欠点が見えてくるもの。
「彼にここをあらためてほしい」と感じてしまうことも。

でも欠点を伝えることで男性のモチベーションが下がってしまう可能性もあります。
「こうなってくれるともっと好きになるのにな」とか、ポジティブな言い回しを心がけましょう。


どれも親しい間柄だからこそ起きてしまうトラブルといえます。
何気ない一言が相手を傷つけてしまこともあるでしょう。
もし思い当たることがあったら、なるべく気を付けた方がいいのかもしれません。

(恋愛jp編集部)