モテを意識するなら、「色気」は必須項目。
しかし、「色気」は出そうと思っても簡単に出るものではありませんよね。

では、どうすれば「色気のある女性」になれるのでしょうか?
そこで今回は、思わずうっとりしてしまう「色気のある女性」の特徴を4つ紹介していきます。

(1)ゆったりとした動作

『騒がしい人に色気は感じないよ』(28歳/コンサル)

乱暴でガサツな女性に「色気」は感じませんよね。
心の余裕や余白に「色気」を感じるので、ゆったりとした落ち着いた動作が必要となります。

物を置く時、ドアを閉める時など、音を立てずゆっくりとした動作を心がけましょう。
もちろん話し方も、早口で話すのではなく、普段より気持ちゆっくりを意識してみて。

(2)上品なコーデ

『露出はエロさはあるけど、色気はないな』(26歳/SE)

いかにもな露出コーデよりも、上品なコーデのほうが「色気」が出るもの。
肌見せする場所は、デコルテラインや、手首や足首。

大胆な露出は避け、その代わり体のラインが分かるシルエットを作るようにしましょう。
女性らしいシルエットを作ることで、想像をかきたてるコーデになります。

(3)イイ香り

『香りを上手にまとっている女性は色気がある』(30歳/金融)

イイ女はイイ香りがしますよね。
香りも「色気」を演出する重要なアイテム。

男性ウケが良い香りは、石鹸やフローラル系の香りがおススメ。
香りをつける場所は、足首や膝の裏など体の下の方につけるようにしましょう。
動いた時にフワッと香るくらいが理想。

(4)ミステリアスな雰囲気

『プライベートが見えないと、なんだか気になるし色っぽい』(34歳/証券)

全てを知ってしまうと、興味はなくなるもの。
自分からペラペラと話すのではなく、どんな人なのか掴めないところに「色気」を感じます。

聞かれたことに答えるくらいにして、自分のことは自ら話さないようにしましょう。
そうすることで、ミステリアスな雰囲気が出ますよ。


「色気」は簡単に出るものではなく、日々の積み重ねで磨かれていくもの。
できるものから、取り入れてみて下さいね。
どうしても分からない場合は、周りにいる「色気」のある女性を観察してみて。

(恋愛jp編集部)