今回は、愛され上手な女性が行っているLINEの甘え方を徹底解明していきます。
上手に甘えられない人は、これから紹介する4つの方法を参考にしてみると活路を見出せるかも!

さっそく気になる詳細を覗いていきましょう。

(1)「会いたい」とストレートに伝える

『ストレートに会いたいって言われるとキュンとするし嬉しいですね』(29歳/企画)

彼に甘えたい時は遠回しに伝えるよりも、ストレートに自分の気持ちを伝える方がオススメ!

好きな人から「会いたい」「次のデートまで待てない」なんて言われて、嬉しくない男性はまずいません。
思い切って今の気持ちをぶつけてみましょう。

(2)愛の言葉を伝える

『やっぱり愛してるって言われると嬉しいしドキドキしますよね』(32歳/人事)

彼の気持ちを高ぶらせるためには、愛の言葉を伝えるのが1番です。
「大好き」「愛してる」といったワードで、彼も同じ気持ちにさせちゃいましょう。

ただし多用しすぎてしまうと新鮮さが薄れてしまうので、使いどころには十分注意が必要です。

(3)「寂しい」はスタンプで伝える

『言葉で寂しいって言われるより、スタンプで可愛くアピールされると可愛いなぁって思いますね』(30歳/営業)

「寂しい」という言葉は、どうしても重くなりがちです。
しかし可愛いスタンプで伝えれば不思議と重さが軽減するばかりか、愛らしさまで感じるんだとか。

とくにキャラクターや動物のスタンプは男性から好評なので、おさえておきましょう。

(4)「〇〇したい」と無邪気に提案する

『無邪気におねだりする様子が可愛い』(29歳/広報)

行きたい場所やしたいことをLINEで無邪気に提案する女性も、男性から大好評でした。
「〇〇行きたい」「〇〇したい」と好きな人に言われれば、男性もそれに応えてくれるでしょう。

行きたい場所は近場、したいことは簡単なものをチョイスすれば、会える確立がさらに高まりますよ。


可愛い甘え方を身につければ、自然と男性の方からデートの誘いがきます。
今回紹介した例は、男性から高評価が多かったものばかりなので期待大!
LINEで上手に甘えて、気になる男性との時間を確保しちゃいましょう。

(恋愛jp編集部)

ライン記事をもっと読む