お洒落女子の間で大活躍しているワイドパンツ。
カジュアルもキレイも、どんなシーンにもスタイルにも使える優秀アイテムです。
今回は、大人っぽく見えてかつモテるコーデ術をご紹介します。

(1)デニム

『キレイめカジュアルって感じですごく好みです!』(30歳/企画)

デニムのワイドパンツが一本あれば、カジュアルはもちろん、キレカジが通用するオフィシャルな場でも使えます。
春夏に合わせたいのは、白のTシャツ。

普通のデニムならボーイッシュになるところを、グッと大人キレイに見せられるのがポイント。
ビビッドカラーのパンプスを合わせて、アクセントにしましょう。

(2)ブラック

『大人っぽくてかっこいい!』(29歳/広報)

ブラックのワイドパンツに合わせるべきは、ブラックのトップス。
流行りのワントーンコーデに使っても、シルエットに特徴があるワイドパンツなら面白く仕上げることができます。

夏場にブラックタンクトップ×ブラックのサンダルで街を闊歩すれば、唯一無二のかっこよさを演出できるでしょう。
サングラスなど、小物を使うのも◎!

(3)ベージュ

『ベージュって大人っぽくて綺麗に見えますよね』(29歳/広報)

ベージュのワイドパンツは、コットン+麻で作られたざっくり履けるものをチョイスしましょう。
春夏の主役になること間違いなしです。

合わせるべきは、ホワイトトップス一択です。
季節に合った涼しげなオトナ女子スタイルを作ることができます。

髪をアップにゴールドアクセで決めれば、お洒落度はMAXに!

(4)カーキ

『カーキ色って案外アクセントになってオシャレだよね』(28歳/美容師)

周囲と被りたくないワイドパンツの使い方をしたい人には、カーキ色をオススメします。
トレンドが続く渋カワ色ですが、カーキは大人の色味である一方でコーデに使う人は少ない穴場な色。

合わせるべきはブラックのトップス。
落ち着いたコーデの中に、カーキが唯一無二のアクセントを出してくれます。

ブラウン系の小物と相性がいいので、バッグやパンプスに取り入れてみてください!


ワイドパンツを履きこなせれば、どんなシーンも怖くなくなります。
細身えや脚長効果もあり、さまざまなシーンで女子をスタイリッシュにしてくれる強い味方です。

(恋愛jp編集部)