使いこなせれば抜群にお洒落に見えるけど、難易度が高いアイテム代表といえば、そう、バンダナ。
バンダナを使いこなす術を、コーデの点から抑えます。

(1)ヘアバンド

『ルーズなヘアスタイルにバンダナがピッタリ!』(30歳/広報)

お洒落さんの定番の使い方が、ヘアバンドとしてのバンダナです。
お洒落に巻くコツは、髪をゆるゆるの一つ結びにすること。

長い人は、毛先をお団子にするのを忘れずに。
わざとルーズに結んだ髪をバンダナでまとめ上げるイメージで巻くのがポイントです。

(2)首巻き

『普段と一味違う感じがしてオシャレだね』(29歳/営業)

首回りに大きな露出のあるトップスを着た日は、ネックレスではなくバンダナを巻いてみましょう。
モノトーンやワントーンコーデのアクセントにもなり、お洒落度がアップします。

ロングヘアは垂らしておくと野暮ったくなるので、アップセットするのを忘れずに!

(3)ベルト

『ベルト代わりにバンダナを使ってるとアクセントにもなって可愛い』(31歳/企画)

長めのバンダナを細く使えば、ベルトとしてファッションのアクセントになります。
抜群の相性を見せるのが、デニムです。

シンプルになりがちなデニムコーデに、女性らしい印象を残してくれます。
季節に合わせた柄や色味を取り入れてみましょう。

(4)バッグ

『バンダナを持ち手に巻くだけで、バッグの印象がガラッと変わるね』(29歳/アパレル)

肩掛けトートやハンドバッグの持ち手に、バンダナをクルッと巻いて垂らしてみましょう。
一色のシンプルなバッグや皮のビジネスバッグが一瞬でお洒落に変身します。

自分だけのオリジナルバッグを作るためにも、ショップで見つけたお気に入りのバンダナは必ずゲットしておきたいものですね。


とっても気に入ったバンダナを見つけても、結局はクローゼットの肥やしになるなー、と諦めていたあなた!
ご紹介した方法を参考に、お洒落なバンダナライフを楽しんでくださいね。

(恋愛jp編集部)