ベッドインするとき、いつも男性からのお誘いになっていませんか。
実は、男性はたまには彼女からも誘ってほしいと思っているもの。
今回は、彼が惚れなおす「ベッドの上手な誘い方」をご紹介します。

(1)「もっとギューってして」

『もっとギューってしてほしいって感じで言われたら、もっとイチャイチャしたくなる』(27歳/営業)

甘えた感じで、「もっとギューってして」って言えば、彼もイチコロ。
可愛いなって思って、もっとかまいたくなるものです。
そして、そんな流れで、上手にベッドインまでもちこめます。

(2)「ずっとこうしていたーい」

『イチャイチャしてて、ずっとこうしてたいって言われたら、興奮する』(29歳/企画)

彼とイチャイチャしているとき、この時間が続けば……って思いますよね。
そんなときは、素直に「ずっとこうしていたーい」と言ってみて。
彼も、あなたのことを放したくない!って思うはずです。

(3)「腕枕してほしいなぁ」

『腕枕が好きな彼女だから、その一言があったら、そのままベッドってわかる』(30歳/サービス)

はっきりと、エッチしたいなんて言えないときにオススメなのがこちら。
腕枕してほしいなぁって言えば、彼もあなたの意図がわかるはず。
恥ずかしがり屋さんでも使える甘い言葉なので、さっそく使ってみましょう。

(4)「もう一回チューしよ?」

『チュってして、またキスのおねだりとかされたらたまらない』(32歳/SE)

エッチの前の段階で大事なのが、キスですよね。
彼とキスをしたら、甘えた感じでもっとキスをおねだりしてみて。
彼も、おねだりする彼女が可愛くて、キス以上のことをしたくなるはず。


ベッドに誘いたいとき、わざわざエッチしたいなんて言わなくてもOK。
恥ずかしい感じがまたたまらなく、キスなどをおねだりしてみるのがコツです。
彼も惚れ直す、自然な感じでベッドに誘ってみましょう。

(恋愛jp編集部)

ナイトライフ記事をもっと読む