今回は、一緒にいて恥ずかしいと感じる下品な女性の仕草に密着!
特に男性陣から低評価を集めた4選をピックアップしました。
自分に当てはまる項目がないか、さっそく気になる詳細を覗いていきましょう。

(1)言葉遣いが汚い

『学生っぽい喋り方はひく』(31歳/医療関係)

「マジで?」「めっちゃウケる」なんて言葉遣いは、男性をあきれさせます。
学生気分が抜けていないこれらの言葉遣いは、今後の関係に大きな影を落としかねないので早めの改善が必要。
下品な面を払拭したい場合は、まず言葉遣いを見直すことから始めてイメージアップを図りましょう。

(2)大きな声で話しかけてくる

『声大きい子って絶対モテないよ』(26歳/IT)

大声でトークを展開する女性も男性を圧倒させてしまいます。
「子どもみたい」「友達ならいいけど付き合いたくはない」なんて厳しい意見が。
男性と接する際は、丁度良い声のボリュームを意識してトークを楽しみましょう。

(3)姿勢が悪い

『好きな子の猫背姿ってガッカリするよね』(24歳/広告)

姿勢が悪いのも、下品な女性の大きな特徴です。
「疲れていそう」「スタイルが悪そうに見える」なんて意見が多く、マイナスなイメージは膨らむばかり……。
いくらその人自身に大きな魅力があったとしても、その姿勢の悪さでイメージは大きくダウンしてしまうので早期改善をオススメします。

(4)クチャクチャと音を立てながら物を食べる

『二度と一緒に食事したくない!』(30歳/コンサル)

音を立てながら物を食べるのは、絶対にNG。
他のことにいくら注意したとしても、この仕草を見せれば一発で下品と判定されてしまいます。
しっかりと口を閉じて食事することを意識して、悪いクセを少しずつ直していきましょう。


女性友達の前で気にならないその行動が、必ずしも男性に受け入れられるとは限りません。
そのため、何も考えずに行動を起こしてしまうと、取り返しのつかない事態を引き越してしまう可能性も……。
そんなトラブルに出くわさないためにも、この機会に自分の立ち振る舞い方をもう一度見直してみてはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)