好きな人がいると日常の何気ないことが嬉しかったり、幸せに感じますよね。
男性も同じように彼女といることで幸せを感じる瞬間があるのです。
男性はどんな時に幸せを感じるのでしょうか?4つの瞬間について紹介します。

(1)仕事が終わって彼女からLINEが届いていた時

『ちょっと家族っぽい存在になってるってことだと思う』(27歳/看護師)

仕事が終わって一息ついて、彼女からお疲れ様LINEが届いていると、ほっこりした気持ちになるという男性は多いです。
中には彼女からのLINEがないと心配になる人もいるくらい。
そのくらい彼女の存在が男性の生活の中に入り込んでいる証拠ですね。

(2)疲れた時に何も言わずにそばにいてくれる

『喋りたくないけど一緒にいたい日ってあるよね』(33歳/講師)

疲れた時に気を遣って無理に励まされるとなんだかうっとおしく思えてくるのが男性心理。
彼女の気持ちは嬉しいけれど、他のことを考えられる余裕がないのかもしれません。

そんな男性の気持ちを察して何も言わずにそばにいてくれる女性に、男性は癒しを感じます。
言葉にしなくても、気持ちが伝わるでしょう。

(3)おいしいものを2人で食べる時

『一人で食べるより絶対美味しい』(28歳/自営業)

おいしいものを食べると幸せな気持ちになりますが、その瞬間を好きな人と共有したいと思う男性は多いです。
おいしいものを食べる時に2人でいると幸せな気持ちが更に膨らみます。

(4)テレビやネットの話題などくだらないことで笑える時

『面白いテレビは彼女と一緒に見るに限るよ』(24歳/飲食)

1人で家出テレビやネットを見ていて、面白い話題があった時は誰かと共有したくなりますよね。
親しい友達などに「そんなくだらないことで連絡するのも」と、気が引けてしまいます。

でも彼女とだったら、どんなくだらない些細なことでも気軽に話すことができます。
そんな小さな日常の笑いや楽しいことを好きな人と共有できることに幸せを感じるもの。


男性が彼女といることで幸せを噛みしめる瞬間は、「嬉しい時も悲しい時も1人じゃない」と感じる時ではないでしょうか。
些細な日常生活に幸せを与えてくれる彼女のことを大切にしたいと思うのです。

(恋愛jp編集部)

カップル記事をもっと読む