せっかくのデートも雨降りだと、服装も考え直さなくてはならないですね。
梅雨になるとデートの日も雨に降られる確率が高くなるので、雨の日でも大丈夫なコーデを考えておきましょう。
今回はデートにピッタリの雨の日対応コーデについてご紹介します。

(1)短めのボトムス

『雨の日に長いパンツだと裾が濡れてしまうから、短めがいいよね』(28歳/コンサル)

裾が地面につきそうなパンツやロングスカートは、雨がはねて裾がビショビショになってしまうかも?
そこで雨の日のデートは短めのボトムスがオススメです。
跳ね返りを気にしなくてすむので、雨でも楽しくデートできるでしょう。

(2)花柄ワンピース

『どんよりした雨の日でも花柄のワンピースだと華やかに見えるよね』(29歳/企画)

雨の日は気分も沈みがちになってしまいますよね。
明るい花柄のワンピースなら、華やかな気分になるでしょう。
フェミニンなコーデを彼もきっと喜んでくれるはずですよ。

(3)汚れが目立たない柄もの

『泥が跳ねたりする可能性がある雨の日は、白っぽい服は避けた方がいいよね』(31歳/営業)

雨の日は泥が跳ねたりなど、気を付けていても服が汚れてしまう可能性があります。
そのため薄い色の服よりも、汚れが目立ちにくい色の柄ものを選びましょう。

デート中に服が汚れてしまうと、すごく憂鬱になってしまいますよね。
せっかくのデートも服の汚れが恥ずかしくて楽しめません。

汚れが目立ちにくい柄ものなら、もし汚れてしまったときも安心。
汚れを気にせず雨の日のデートが楽しめます。

(4)冷えたときのためにカーディガンを

『肌寒くなってきたときのために1枚羽織りものを用意してると、用意のいい子だなって思います』(30歳/IT)

暖かい日が続いても、雨が降ると気温が下がるので注意が必要です。
晴れた日と同じように薄着でいると、寒そうなので彼も気になってしまうかも。

出かける時に雨が降っていなくても、降りそうならカーディガンなどの羽織ものを用意しておきましょう。
体温調節のための羽織ものを用意していると、彼にも「女性らしいな」と思われるでしょう。


朝は雨が降っていなくても、急に降ることがありますので雨が多い梅雨のコーデは気をつけたいですね。
雨の日コーデといっても、レインコートにレインブーツといった、雨具コーデは男性に不評です。
雨の日対応の可愛いコーデでデートを楽しんでくださいね。

(恋愛jp編集部)