初デートは「なんとなく気になる存在」から「やっぱりこの子と付き合いたい」と思わせる大切なイベントです。
せっかく気になる彼と2人きりのデートまでこぎつけたのに「何か違う」「やっぱり合わない」と思われたら悲しいですよね。
この記事では“初デート”で「男をオトす」胸キュン仕草4つを紹介しますので、チェックしてみてくださいね♪

(1)常に楽しそうな顔をする

『やっぱりデートのときには楽しそうにしていてほしい』(28歳/人事)

初デートは男性からしても緊張するものです。
いろいろ計画を立てて彼女をデートに連れて行っても、つまらなそうな顔をされたり、興味がなさそうにされたら、がっかりしてしまいます。

一方常に楽しそうな顔をして、いろいろなことに興味を持つような女性は、男性も一緒にいて楽しい気持ちになります。
つまらないことや嫌なことがあっても2人なら楽しめるのでは?と、彼女と付き合うことに前向きな気持ちになります。

(2)次に繋げる話をする

『次もデートできるって思うと嬉しくなりますね』(30歳/広報)

次に繋げるような話をすることも、ポイントが高いです。
デートに誘うということは、あなたに好意を持っている証拠です。
それに応えるように「私もあなたに好意を持っています」アピールをすると2人の距離はぐっと縮まります。

(3)聞き役に回る

『話をしっかり聞いてくれる人だと安心できる』(29歳/SE)

初デートの時には、「こんな話をしよう」「ここに連れて行こう」など男性はいろいろと事前に考えるものです。
そんな彼の気持ちを察してあげて、初デートの際にはあまり主張せずに聞き役に回るとうまく行きます。

(4)家に帰ったあと、お礼の連絡は忘れない

『デートのあとにきちんとお礼を言える子って好印象だな』(30歳/公務員)

家に帰ったあとはすぐにお礼の連絡をしましょう。
あなたが無事に家に着いたのか、男性は少なからず気になるものです。
今日のデートのお礼も兼ねてきちんと感謝の気持ちを伝えると、あなたへの気持ちがより強くなるでしょう。


初デートはお互いのことをよく知らないため緊張してしまうものですが、この記事で紹介した4つのことを意識して行うと、彼からまたデートのお誘いが来るでしょう♪
笑顔を絶やさないことがうまく行くポイントです。

(恋愛jp編集部)