「キスが下手」と思われたらカッコ悪いので、キス上手になるためのテクニックを身につけてみませんか?
今回は、男性をドキッとさせるキスのテクニックについてご紹介します。
彼がずっとキスしていたくなるようなキス上手になれるように、キスのテクニックをマスターしてくださいね。

(1)まずはムード作り

『ムードもなにもない状態でいきなりキスされるとドキドキより驚きの方が勝ってしまう』(30歳/企画)

彼をキスでドキッとさせるには、ムード作りが重要。
彼をじっと見つめて、キスの前の甘いムード作りを心がけましょう。
彼もキスしたい気分が高まってくるはずです。

(2)唇はゆっくり近づける

『いきなりがっついてキスされると歯が当たるから、ゆっくりしてほしい』(29歳/広報)

唇を近づけるスピードを間違えると、歯が当たってしまう原因に。
キスが下手だと思われてしまうので注意しましょう。

上手にキスするには、ゆっくりと唇を近づけていきます。
そして唇と唇が触れ合う一歩手前でストップ。
この焦らしが彼を興奮させ、あなたの唇を求めさせるでしょう。

(3)舌の力を抜く

『舌に力が入りすぎてると気持ちよくない』(29歳/マーケティング)

キスが盛り上がってくると、彼はディープキスに進もうとするでしょう。
彼の舌を受け入れたとき、舌を絡ませようと頑張りすぎると力が入りすぎてしまいます。

気持ちのいいディープキスのためにも、舌の力を抜いてリラックスしてください。
彼の舌の動きに合わせることで、彼も満足する気持ちいいディープキスに。

(4)声を漏らす

『キスした時に気持ちよさそうな声が漏れると興奮する』(32歳/経営)

五感でキスを楽しむためにも、声を漏らしてみましょう。
ディープキスのときに「ん……」と声が出てしまうと彼を興奮させます。
声が出そうなら、我慢せずに出してみましょう。

また吐息を漏らすのも効果的です。
キスとキスの合間の唇が一瞬離れるときに吐息を漏らして、彼を興奮させましょう。


キスを何回も経験することによって、テクニックは磨かれていきます。
あまり経験がない人は自信がなくて緊張するでしょうが、まずは落ち着いてリラックスを心がけましょう。
唇や舌の力を抜いて、ゆっくり動くことで、男性がドキッとするようなキス上手になれますよ。

(恋愛jp編集部)